英語学習を挫折してしまう人はどうすればよい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

産経新聞にてTOEICに関する記事がありました。ちょっと気になる内容でしたので引用します。

(以下引用)

職場で英語を使う会社が注目されている。


「英語を社内公用語にする」と公表した楽天、ユニクロをはじめ、
ビジネスの海外展開や外国人の雇用拡大に合わせて
頃から英語を使おうという企業は増えているようだ。
一方、“使える英語”を学ぼうとしながらつまずく人も少なくない。
国際コミュニケーション英語能力テスト、TOEICを実施・運営する

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が平成23年1月、

「上場企業における英語活用実態調査」を行った(有効回答数329社)。

業務での英語利用について聞くと、

「社内公用語が英語」0.6%、

「英語を使用する部署・部門がある」47.1%などとなり、

何らかの形で英語を業務で活用しているのは計84.5%と、多数を占めた。

半面、英語が苦手という人も多い。

東京都世田谷区に住む男性会社員(39)は、

教室通いや、教材学習をしたが挫折を3度経験した。

「必要になるスキルだと思って勉強したのですが、

現在の業務や生活で使う機会はまずない。

投資している割に効果が上がらないのであきらめてしまいがちですが、

今、再びチャレンジしています」

(引用終わり)

確かにTOEIC熱は、依然続いていますし、社内公用語は英語といわれるくらいまでですが、

職場で全く英語を使わない人がいることも確かです。

そうなると、いくらインプットをしても、アウトプットをする機会がないので、

根本的な英語力が身に着かない。

それだけではなく、アウトプットする機会がないので、

「何で勉強してるんだろう?」と感じるようになり、

結果的にはモチベーションの低下を招くことが考えられます。

このプロセスが一定期間継続されると、最終的に英語学習の挫折となるんだと思います。

記事の男性のように、「(将来的に)必要となるスキルだから勉強を始めた」

というレベルの意識だと、挫折してしまうのも致し方ないかと思います。

「カナダに短期留学をする為」とか「大好きな映画を字幕無しで見る」などの

具体的な目標がないと、英語学習に限らず、モチベーションは続かないものですからね。

ちなみに、私が10代の頃に英語学習をするモチベーションだったのは、

「アメリカで生活してみたかったから」です。

「留学したい」でもなく、「全米を横断したい」でもなく、

ただ純粋に大好きなアメリカという土地で、朗らかな生活を送ってみたかったんですよね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>