オーストラリアの物価が高いのでちょっと嫌になった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

オーストラリアの物価が高いのでちょっと嫌になった件
オーストラリア (シドニー)を旅行で訪れましたが、その物価の高さに驚きました。

以前より高いとは聞いていましたが、この感覚には慣れることはできなさそうです。

(RateはJP¥84/A$で計算しています)


スポンサーリンク
Sponsored Link

食料品の価格

ご覧頂いた方が早いでしょう。

まずはコーラ・スプライトの価格

<コーラ・スプライト画像>


<コーラ・スプライト画像>
A$ 3.49ですから、1本293円。

おいおい・・・、2L買えるよ・・・。



そしてヨーグルト。

<ヨーグルト画像>
A$6.99です。562円です。ちょっと大きめとは言え、高い・・・。



世界中で販売されているタバスコ。

<タバスコ画像>
A$5.45ですか・・・。458円。うーん。



驚きはこのサンドウィッチ。

<サンドウィッチ画像>
A$10!! つまり840円!! OMG…



ゆで卵も売っていました。

<ゆで卵画像>
こちらがA$4ですので、336円ですね。

卵二個だけなんですが・・・。



おっと、コカコーラの他にもペプシが売っていました。

<ペプシ画像>
A$4.2…つまり、353円・・・。コーラやスプライトよりも高い・・・。



そしてボトルドウォーター。

世界物価指数としても使われますよね。

<ボトルドウォーター画像>
な、なんとA$ 6.10ですので、1本512円!! 

信じられない・・・ジャカルタでは20円くらいで売ってるのに・・・。



プリングルスも売っていました。

<プリングルス画像>
これはA$6.49ですから、545円ということになります。高い。

ということで、スーパーマーケットはこんな感じです。

次いでレストランの価格を見ていきましょう。




レストランの価格

以下の記事でも書きましたがビルズも相当高いです。

【関連記事】 世界一の朝食bill’s(ビルズ)本店に行ってみた【パンケーキ】


サラダ A$29.50 (= 2,478円)

サンドウィッチ A$21.50 (= 1,806円)

ハンバーガー A$25.50 (= 2,142円)

パンケーキ A$22.00 (= 1,848円)

スムージー A$7.50 (= 630円)

自家製レモネード A$7.00 (= 588円)



その他に、Nook Urban Fresh Barというカフェレストランにも行きました。

オフィスビルの1階にあるハンバーガー・サンドウィッチ屋さんで、ちゃんとしたレストランとサブウェイの間みたいなイメージでしょうか。

そこで食べたのはBacon & Egg Paniniです ↓

<ハンバーガーとコーヒー画像>
Bacon & Egg PaniniがA$8.5 (= 714円)で、カフェラテは忘れました。



このお店のメニューはこんな感じでした。

サラダ A$20.00 (= 1,680円)

ハンバーガー A$16 (= 1,344円)

サンドウィッチ A$14 (= 1,176円)



ちなみにハンバーガーはセットではありませんよ。

あくまでもハンバーガー単体での価格です。



そしてプレミアムバーガー的なものでもありません。

普通のクラシックバーガーです。



いやー・・・、高ぇよ・・・。ホントに・・・。




大卒初任給が40万円!

気になって調べてみましたが、オーストラリアの大卒初任給はなんと約40万円だそうです。

日本の2倍近くの数字じゃないですか。

このレベルなら、というかこのレベルではないと生活できませんよね。



感覚としては日本の2倍ということでいいんじゃないでしょうか。

インドネシアと比べると2.5倍から3倍くらいの体感でした。



決して払えない数字ではないものの、なんと言いますか・・・納得がいかないことが多かったです。

「は!? 水に500円!? ふざけんなよ!」

って無駄に日本語でつぶやきながら旅してました。



ワーホリが有名なオーストラリアですが、旅行となると贅沢はなかなかできなさそうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link