「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー③

インドネシアでのTOEIC対策、にはならないのですが「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」を購入しました。

実際に使ってみた感想を残しておきたいと思います。

全3回の最後の記事となります。

【関連記事】

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー①

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー②

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー③ (この記事)

スポンサーリンク
Sponsor Link

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」をおすすめな人

ということで、私が「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」を使ってみて、おすすめな人をまとめてみましょう。

<「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」をおすすめな人>

・ TOEIC 800点以上の人

・ TOEICの基本的な英単語・英熟語が頭に入っている人

・ TOEICレベルの英文法が頭に入っている人

・ 新形式TOEICの内容に慣れて、後は問題を解きまくるだけという人

・ 公式本 (公式TOEIC Listening & Reading 問題集1TOEIC(R)テスト公式問題集 新形式問題対応編)ではない問題を解きたいという人

・ ドトールではなく、広いテーブルがあるカフェで勉強する人

やはり解説がないので、ある程度の英語力がない人にとっては全く役に立たないと思います。

そのボーダーラインを800点としましたが、これも私の感覚で特に根拠はありません。

分かりやすく言うと、上級者向けということなんでしょうが、上級者でも理解できていない箇所なんて幾らでもありますからね。

やっぱりこの「解説なし」というのは賛否両論ありそうです。

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」をおすすめでない人

次に、「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」をおすすめでない人についてみていきましょう。

<「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」をおすすめでない人>

・ TOEIC 500点以下の人

・ 何の工夫もなく、参考書・教材をそのまま受け身で使う人

・ TOEIC新形式のPart 毎の勉強をしたい人

・ 毎日45分の勉強時間は取れないという人

・ 5分〜15分レベルのすき間時間を使って勉強している社会人

はい、こんな感じ。

言うならば、前述の「おすすめな人」の反対がそれに当たると思いますが、色々と感じたことがあります。

まず、参考書、問題集に対して受身で勉強する人は時間的に直ぐに終わってしまうかもしれません。

ただ解いて、終わり。

解説が無いので時間短縮になりますね・・・って、勉強で時短とか効率とかは追っても仕方ありません。

【関連記事】 TOEIC(R)・英語を勉強する時に「効率」「効率化」「効果的」を気にしてはいけない

TOEIC(R)・英語を勉強する時に「効率」「効率化」「効果的」を気にしてはいけない
TOEIC・英語を勉強する時に 頻繁に登場する言葉、「効率的な勉強法」。 様々な解釈が出来る言葉だとは思いますが、無難な理解...

普段から参考書、問題に対して能動的に考えながら取り組んでいる人は上手い具合にカスタマイズして勉強できると思います。

自分の苦手分野を抽出し、自分に合った使い方をしないといつまでたってもスコアは伸びません。

【関連記事】 TOEIC (R)自分の弱点分析方法

TOEIC (R)自分の弱点分析方法 (1)
TOEIC の勉強に限らずですが、学習プロセスにおいて、「自分の弱点・弱み・頻繁に間違う箇所」などを確り押さえておくことは大変重要で...

ただこれは、ある程度年数を重ねないと難しいと思います。

従いまして、初心者には決しておすすめしない教材です。

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」は短期やり込み用

ということで、「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」を使ってみた感想を思うがままに書いてきました

総論としては、解いて解いて解きまくるだけといったところで、やはりTOEIC800点以上、もしくは英語上級者でないと本当の意味でこの教材を使いこなせていないことになると思います。

英語初心者はとりあえず手は出さないほうが良いですね。

パート別の教材を使うとか、文法本、もしくは単語本から入るのが妥当でしょう。

また、こんなブログを運営している私からしますと、種々雑多なTOEIC本を使う中で面白いのはその「構成」とか「解説」とか「レイアウト」なんかだったりするので、ちょっと面白みには欠けるかな・・・と。

問題だけだと、あーだこーだ言えないですからね。

ということで、興味を持った人は是非一度手に取ってみて下さい。

【関連記事】

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー①

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー②

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング 700問」の感想・レビュー③ (この記事)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link