TOEICの勉強が楽しくない人の根本的な理由・原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEICの勉強が楽しくない人の根本的な理由・原因

「TOEICの勉強・学習がつまらない」という人は、社会人の中で大勢います。

その理由・原因について、私はこう考えます。

スポンサーリンク
Sponsored Link

参考書・教材の著者の言うとおりに学習していないか?

私が感じる、「TOEICの勉強・学習がつまらない理由・原因」は、市販の参考書・教材の著者の言うとおりにしか勉強していないから、です。

TOEICの参考書・教材が増え続けた結果、様々な攻略法・勉強法・テクニック・アドバイスが巷に溢れるようになりました。

私がTOEIC業界に身を置いた、2012年のそれと比較しても、体感でかなり増えたと感じます。

英語初心者にとっては大変ありがたいことだとは思いますが、逆に方法論が多種多様過ぎて、逆に混乱を招くこともしばしば。

「参考書Aでは、『Part 7から解け』って書いてあったけど、参考書Bでは『順番どおりに解け』って書いてあるな・・・」

「教材Cでは『TOEIC基礎単語を1,000個暗記してから問題集を解け』ってあるけど、別のは『同時並行で進めろ』って・・・」

ある程度勉強方法を理解することが出来たのなら、自分に合った、自分のための勉強法を自分の頭で考え、計画し、実行すべきだと思います。

いつまで経っても参考書・教材の言うとおりに従っていても仕方ありません。

それはその参考書・教材の著者にとっての成功体験であって、あなたに100%応用可能であるわけではないですから。

20%くらいを吸収し、次は自分のやり方を模索し、完結する。これが理想の勉強ステップではないでしょうか。

私もこのサイトでさまざまな勉強法をご紹介していますが、最後に必ず、「参考にして下さい」で締めくくっています。

私の勉強法があなたに合う保証は一切ありません。

100人中99人に効果のあった勉強法も、あなたには効果がない可能性だってあります。

人気の参考書やらなんだか知りませんが、もっと疑ってかかりましょう。

あなたは受け身でTOEICを勉強していないか?

もうちょっと深く検証・分析していきましょう。

TOEIC参考書・教材に従って勉強すること自体は咎めません。

ただ、その参考書・教材を選ぶプロセスはどうでしょうか。

自分自身で決めましたか。

周りのアドバイスを聞いてもいいですが、その上で自分で決断しましたか。

回りくどくなってきたのではっきり言いますが、他人に決めてもらっていませんか。

TOEICの勉強に限った話ではありませんが、受け身で物事を行うと結果など100%出ません。

堀江貴文氏のこちらの著書をご存知でしょうか。

同じようなことが書かれています。

たとえば東大受験の際、僕は英単語帳を一冊丸々暗記している。

単語の暗記なんて、それまではまったく興味の持てない作業だった。

もし、これが教師から命じられた作業だったら、とてもではないがやらなかっただろう。

僕がそれに取り組めたのは、「すべてを自分で決めた」からである。

受験対策を研究している中で、僕は自分から「単語を暗記しよう」と決意した。

そして自分で単語帳を選び、自分で決めたペースで暗記を進めた。

すると、まるでゲームにのめりこうように、その暗記作業に楽しく没頭できたのだ。

正にこのとおりだと思います。

ブームに乗っかって、もしくは会社から無理やり強いられてTOEICを勉強している人は、この能動的なスタンスは理解できないでしょう。

「TOEICの勉強が楽しい? 意味不明」

という社会人は大勢いますが、結局のところ没頭できるかどうかの差だと思います。

没頭できるかどうかは、自分が主体的に取り組んでいるかどうかの差です。

自分が主体的に取り組んでいるかどうかは、教材・参考書の著者の言いなりになっているかどうかの差です。

カリスマ講師なんていない

私は予備校に通ったことがないので詳しくは分かりませんが、林修先生に代表されるような「カリスマ講師」の存在がよく分かりません。

少なくとも私が通った小学校、中学校、高校、大学、留学先には「カリスマ講師」はいませんでした。

「カリスマ講師」について無理やり自分に理解させるのであれば、「この人の授業は分かりやすく、受講者の多くが理解度を深められる」といったところでしょうか。

だとすると、これはこれで妙な違和感を感じます。

これまでお話ししてきたことと同じですが、「受け身感」を感じざるを得ないのです。

カリスマ講師なんていなくても、自分が主体的に取り組み、選択し、決断し、行動し、没頭するのであれば、結果なんて直ぐに出ます。

講師や著者がどうこうではないのです。

あなたがボスなのですから。

同じことがTOEICでも言えます。

世間では、「有名著者の新著!」などと大々的に紹介されていますが、全く重要な要素ではありません。

そこに振り回される人はいつまでたっても受け身でTOEICを勉強している人たちです。

そして、いつまでたってもTOEICの勉強を心から楽しむことはできず、どこか苦しみながら毎日勉強している人でしょう。

こういう人に限って、「参考書コレクター」であり、「数年勉強していてもスコアが全く上がらない」という特徴を持っています。

当然、私のこの考えですらも、一意見にしか過ぎませんので、自分で考え、選び、決断し、実行するプロセスを踏んでみてはいかがでしょうか。

失敗したら、決めたあなたの責任。

成功したら、決めたあなたの功績。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link