シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

シンガポールでの健康診断後編です。

ようやく検診が始まります。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ①

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ② (この記事) 

スポンサーリンク
Sponsor Link

海外での健康診断 当日の様子

予約時間は10:15からです。いざジャパングリーンクリニックへ。

初診ということもあり、9:50にはホテルの部屋を出てチェックアウト。

ジャパングリーンクリニックに着いたのは10:00ちょい過ぎだったかと思います。

健康診断で予約している旨伝え、健康診断用の衣服に着替えて準備OK!

健康診断を受けていた人は全員日本人で、6名くらいいました。

女性が多かったですね。駐妻でしょうか。

シンガポールはインドネシアと駐在する会社の業種も異なり、多種多様ですので驚きません。

ちなみに、待ち時間で診断内容およびその他オプションのブロシュアを読んでいて気付いたのですが、オプションでピロリ菌検査もすれば良かったと思いました。

理由はちょっと前にこちらの本を読んでいたから。

会社負担がなかったとしても自腹で検査したかったですね。

ま、これは次の機会ということで。

なお、このジャパングリーンクリニックは日本人の医師、看護士さんも多いですがローカルの方も多いかったです。

身長・体重、血液検査、心電図、視力検査、眼圧検査はローカルの人に対応してもらい、その他のバリウムや最後の問診などは日本人に対応してもらいました。

加えて、日本のTVが流れていたり、日本の雑誌が置いてあったりと、そこはもはや日本でしたね。

海外の病院に不安が残る人でも安心して診てもらえそうな雰囲気でした。

ちなみに打つこと注射は2回。

日本人ではなくシンガポール人による対応でしたので若干不安がありましたが、その後特に問題はなさそうです。

あー、怖かった。

初体験だらけの海外での健康診断

・・・といった感じで書いてしまうと、日本で受ける健康診断と変わらないような印象を受けますが、実際には色々と初体験もありまして。

例えば、視力検査ですね。

前述のとおりシンガポール人に対応してもらったのですが、穴が空いている方向を英語で言います。

left, right, up, downって。

ちなみに私はコンタクトレンズ着用者で、あまり視力はよくありません。

故に、視力検査の際にはどうしても、

「み〜〜〜ぎぃ・・・・・?」

「・・・しぃ〜〜〜た・・・、いや左?かな?」

とかって感じで検査していました。日本では。

さて、今回は初の英語Ver.です!

自分でもどんな感じになるか楽しみで客観的に見ていましたが、

“Ahhh…………right.”

“Mmm…………u……p.”

“le〜〜〜………ft?”

といった感じで、特に面白くもなく直訳していました。はい。

さらにバリウムでの検査も初めて。

噂には聞いていましたよ。

最初に発泡剤を飲んで胃を膨らませて、バリウムを飲むんですよね。

で、このバリウムがあまり美味しくないと。

そんなドキドキの状態で検査に移ると、まず担当の日本人の看護士さんから、

(看護士さん) 「緊張されていますから〜?」

(Ko) 「あっ、ハイ。実は初めてなんです」

(看護士さん) 「そうなんですか〜♪10分くらいなので頑張ってくださいね〜♪」

(Ko) 「・・・(頑張る・・・? そんなにキツイのかな!?)」

(看護士さん) 「じゃあまず発泡剤ですけど、何味がいいですか〜?」

(Ko) 「なぬっ!?」

(看護士さん) 「オレンジ、グレープ、カシスがあります〜♪」

(Ko) 「味があるんですか? ・・・ではカシスで・・・」

(看護士さん) 「はい、カシスですね。カシスね、最近作ったんですよ〜♪」

(Ko) 「はぁ・・・(作った? なんだここは? バーか・・・!?)」

(看護士さん) 「はい、ではまず、左手に発泡剤を、右手にバリウムを持ってください」

(Ko) 「・・・はい、こうですかね。」

(看護士さん) 「ではまず発泡剤、どうぞ〜!」

(Ko) 「えっ!? もう飲むの!? 心の準備が・・・!! ゴクゴクゴク・・・・・・美味しい。カシス味の炭酸だ」

(看護士さん) 「では次にバリウム、どうぞ〜!」

(Ko) 「うわ〜余韻に浸る間もない〜・・・ゴクゴクゴク・・・・うーん、まぁクセはあるけど大丈夫だな」

最近、プロテインを飲み始めているからか特に違和感なくバリウムを飲むことができました。

そしてその後はアクロバティックに回転しながら胃を撮影。

無事に検査を乗り越えまして、ご褒美にアメをもらいました。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

また、下剤ももらいましたが、代謝の良い私は特に使うことなく終了。

いまだに手元にこの下剤があります。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

お食事券は迷わずスターバックスカードを・・・しかし

健康診断が終わったら久々の食事。

こんな感じでお食事券がもらえます (正確にはこのコストもincludeされているわけですが)。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

うーん、悩むなーと思いつつも、この日の昼も山頭火に行くことを決めていましたので、Starbucks Cardの一択!

普通にスタバカードとしても使えるので選びました。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

おまけにメモパッドも。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

そして山頭火で食事をし、高島屋でお土産を買って空港へ。

帰りはタクシーではなくMRTを使いましたので、無事EZ Link Cardも購入できました。

当初の目的を達成ですね。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

そして帰りの電車に乗っている時、

「・・・はっ!! しまった !! スターバックスカードをまだ使っていない!」

と思いましたが、よくよく考えてみるとインドネシアで使えばいいじゃないですか。

毎日のようにスタバに行っているからその時に使えばいいんですよ。

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・・・いや待て! シンガポールで買ったスタバカードをインドネシアで使えるのか!?」

・・・いや使えるわけない! 通貨違うし!!

念のため写真を確認したら・・・、

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

あー、やっぱりね。そりゃそうだ。・・・終わった。

ん・・・??

でも待てよ? チャンギ空港で使えばいいじゃん!! 

そうだよ! まだチャンスはある! チャンギはまだシンガポールだもんね!

あっぶねー。よかった。よかった。

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・・・ん? なんだこの違和感は・・・?」

念のためさっきの写真を再確認すると・・・、

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ②

うそーーーーー!!!???

念のためチャンギ空港のスタバで「これ使える?」と聞きましたが、ダメだったとさ・・・。

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ①

シンガポールのジャパングリーンクリニックで健康診断を受けてみた ② (この記事) 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link