単語の暗記が先? リーディング・リスニングを勉強するのが先?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

私は社会人・学生の人向けにプライベート英会話レッスンをしているんですが、先日、とある生徒様との話の中で、TOEICの話題になりました。

(生徒様)「TOEICを受けてみようと思うんですけど・・・」

(Ko)「ほうほう、いいんじゃないですか?」



(生徒様)「この前、一回試しで模試を受けてみたんです」



(Ko)「ふむふむ」



(生徒様)「そしたら、全然単語が分からなくて」



(Ko)「なるほど」



(生徒様)「リスニングは聴き取れないし、リーディングは読めないし」



(Ko)「そうなっちゃいますね」



(生徒様)「だから英単語を暗記しなくちゃいけないと思うんです」



(Ko)「確かに」



(生徒様)「でも良く考えたら、単語憶えるだけで大丈夫ですかね?」



(Ko)「? と言いますと?」



(生徒様)「だって、文法も分かってるようで、わかってないし、



ネイティブの発音にもついていかなくちゃいけないわけですよねぇ?」



(Ko)「そうです」



(生徒様)「だったら、単語の暗記より、読解力とかヒアリングスキルとかの方が大事ですか?」



(Ko)「むむ、鋭い」



(生徒様)「時間もあまりないんで、効果的に勉強したいんです」


—–


TOEICの学習をする際に、「英単語を暗記する」ことと、


「リーディング・リスニングパートを個別に学習する」ことの


優先順位づけは大変悩ましい話です。


単語をひたらす暗記しても、どういう時に使うか?とか、


こういう場面では別の言い回しがあるとか、


「単語を暗記した」から、リーディングスキルや


リスニングスキルがアップすることに直結するとは限りません。


もちろん、0%ではないですけどね。


ただ、「暗記すればTOEICのスコアがアップする」と


短絡的に考えるのはリスキーだと思います。


一方で、単語を知らないまま、「TOEICリーディング強化対策本」などを購入し、


ひたすら解き続けることも非効率的だと思います。


言わば 単語は「基礎」。


それも無しに、行き当たりばったりで、


「不明な単語が出てきたら、都度暗記する」


という発想は止めた方がいいです。


理由は復習する機会がそれ以降訪れないから。


3日後には忘れています。


ということで、この手の悩みの解決策としては、


「有る程度妥協する」ことです。


つまり、「TOEICに必要な単語をまず全部憶える!」


という極端な発想はやめ、


「単語を暗記しながら、各パートの問題を解く」


シンプルですが、これにつきます。


単語を暗記しながら、各パートの問題を解くと、


問題を解いている最中に、暗記した単語が登場することもよくありますし、


逆に問題文で出てきた単語を、その後暗記する機会がくることもあります。


ですので、忙しいビジネスパーソンにはキツイかもしれませんが、


「単語帳」と「問題集」はセットにしていつも持ち歩きましょう。


学習し始めの人は、一気に10ページも進まなくていいので、


一日2~3ページを目安に、すき間時間を使って学習してみて下さい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>