勉強に対するモチベーションが下がった時は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEICを学習する際のモチベーションキープについて少し。

以前から私は、TOEIC学習に限らず、語学をマスターしたい場合には、「一にも二にも継続力」を掲げてきました。1ヵ月に一日、10時間勉強を、例え12ヶ月続けたとしても、その人は英語を使いこなせることは出来ないでしょう。英語に毎日触れないと、直ぐ頭から抜けちゃうんですよね。

毎日の学習で自分のスキル・能力として初めて身につくんです。

ということは、

「如何に継続して英語を学習出来るか」がポイントになることは間違いありません。

つまるところ、「如何にモチベーションをキープ出来るかこれによって、人とのが出てくるんです。



TOEIC900点の人と、600点の人、



更には700点、800点の人の差ってとこでしょうか。



「100点の差」は、知識の差であることは確かですが、



その知識を身につけれる、身につけれないは、



「モチベーションの差」と言っても言い過ぎではないのかと。



ちなみに、TOEICテストの本番が終わった日って、



恐らく誰もがモチベーションはMaxだと思うんですよ。



「うわー、全然わかんなかったー・・・。よし次こそは・・・」



という風な感じで。



しかし、この日と同じモチベーションが次の試験日まで続くか?



と聞かれたら・・・、



恐らく3日間・・・。



長くとも1週間、くらいでしょうか?



・・・



私は英検1級を毎日勉強し続けて、



4年目にしてようやく合格した経験をもっています。



日本で大変人気のあるTOEICではありません、



受験人数がTOEICに抜かされた「実用英語検定」の方です。



その頃は、周りの人で「英検1級」目指している人なんて誰もいませんでした。



ただ、この時の経験が、今、非常に活きています。



TOEICは年9回 (2012年度より。2011年度までは年8回)ありますが、



英検は年3回実施のみ。



4カ月間、モチベーションをキープしながらなんとか勉強をしていたんです。



ではどんな工夫をして、毎日の英語学習に対するモチベーションをアップしたらよいのか?



万人に共通して言えるのが、「楽しみながら学習する」ことです。



ただ、「楽しみ」というのは人によって違いますので、



最終的には、自分が色々と試してみて楽しいかどうかを実感するしかないですね(笑)



ちなみに私は、スターバックス・エクセルシオール・カフェヴェローチェに代表される



カフェ、しかも広々としていて、太陽の日差しをたっぷり浴びれるような、



オシャレなカフェで勉強することがたまらなく好きです(笑)



それで、自分の好きな座席に座れた日には、



あっという間に3時間くらい経っちゃいます。



と、まぁ、この類の方法は過去に何度かご紹介はしていると思います。



今回ご紹介したいのは、



単純に「TOEICでハイスコアを叩き出して、それをモチベーションとする」ということ。



ここでいう「TOEIC」は本番ではなくて、模擬試験でのお話し。



例え模擬試験とはいえ、自己ベスト + 100点くらいとったら、



それだけで嬉しかったりしますよね? やる気が上がったりしますよね?



これを利用するんです。



「Part 4対策」とか「Part 7対策」とかも良いですけど、



いつまでもちょこちょこ勉強してても、どれくらい成果が出るのかってわからないじゃないですか。



ですので、定期的に模擬試験を受けて、ハイスコアを叩き出すんです。



ちなみに模擬試験といっても、200問きっちりじゃなくても良いと思います。



100問、50問、30問でもいいのではないかと。



いずれにせよ、質が高いをある程度の数こなせる教材を使うことをお薦めします。



手持ちにある参考書や、問題集でもいいですので是非お試しください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>