「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>を使うべきでない人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>の特徴」

 300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>を使うべきでない人を纏めてみました。

スポンサーリンク
Sponsor Link

TOEIC 800点以上の人

単純に「スコアが高いから不要だ!」と言う意味ではありません。

恐らくですが、既に800点以上を所持している人は自分の勉強の「型」とか、

TOEIC本番での独自の解き方などを確立している可能性が高いと考えられるからです。

この教材はあくまでも裏ワザ的な要素が強く、TOEICをゲームとして捉えていることからも、

まだ各パート の攻略方法を構築している最中の人に使われるべきものだと思います。

仮に800点以上の人がこの教材を使って新たな発見があったとしても、

800点から820点にスコアアップするくらいのものでしょう。

現在800点の人がこの教材で990点を狙えるとは到底思えません。

自分なりの解き方を持っている人

これもほぼ同じ意味です。

スコアが何点であろうと既にTOEICの解き方が固まっており、そのやり方をベースに

単語力や文法力を地道に身に付けていった上で900点を狙おうとされている方には、

この教材は不要だと思います。

しかし、この「既に固まっているTOEICの解き方」と言うのもちょっと怪しい響きがあります。

つまり、自分は正しいと思っていても、実は全然間違っている解き方である可能性もある訳です。

リスニングセクション終了直後に、先ずパート 7 を解く人、若しくは

パート 7 のダブルパッセージから解き始める人など、解き方は人それぞれですので

何が正しいのかは見極め辛いですけどね。

TOEICを勉強する時間が豊富にある人

裏ワザはあくまでも「今すぐにTOEICのハイスコアが欲しい!」とか、

「勉強する時間が無いから手っ取り早い方法を教えて!」と言った人向けのものです。

この教材も同様で、時間短縮を最優先としている人向けですので、逆に

勉強する時間がある人は王道の勉強をすべきです。

と言いましても、時間が豊富にある人が このDVDを見たところで何も得るものは無いのか?

と聞かれますとそんなことはありませんが。

さて、次回は、「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>」を

このブログ経由で購入された方専用の特典を付けてみましたので、

それに関してご紹介したいと思います。

<関連記事>

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法」を買ってみた

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法」を開封してみた

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法」を使ってみた(感想・レビュー)」

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法」の特徴

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法」を使うべき人

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法」を使うべきではない人 (この記事)

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法」に購入特典をつけてみた」

8
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>