語学学習におけるモチベーションキープ法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

以前の記事で、「英語学習をするに当たって、メルマガは最強」という話をしました。

英語学習の妨げとなる「怠け心」を、毎日強制的に届くメルマガによって排除できるからです。

ただこれって、



「勉強したくないけど、無理やりする」


ってことですので、


「勉強したくない気持ち」を、


「勉強したい気持ち」にするってことではないですよね。


ということで、根本的にやる気を出す方法は?って話です。


個人的にお薦めな方法は、


「凄く頑張っている人を見て、刺激を受ける」です。


やっぱこれですかね。


私だけでなく、万人にも通じると思います。


具体的に言うと、


・凄く = 現在の自分が出している成果の120%くらい。


・頑張っている人 = 有名人でも、身近な人でも可。


・見る = テレビ・雑誌・友達伝い・直接で可。


・刺激を受ける = やる気が出る、というより「焦る」感じ。


です。


手っ取り早いのは 情熱大陸見ることですかね(笑)


ちなみに私は同世代の人でないとあんまりモチベーションは上がりません。


50歳くらいの会社経営者がいくら凄くても、


自分よりも長く生きているから、それはまぁ当然って思っちゃうんですよね。


メルマガに話を戻すと、


無理やり勉強しても、「根本的な解決策にはならない」


とは言ったものの、


「メルマガを読んで、やる気を引き出す」


ってことであれば、十分メルマガも効果はあると言えますね。


いずれにせよ、TOEICハイスコアを叩き出している人は、


間違いなく独自のモチベーションのキープ方法を持っているはずです。


皆さんも、「勉強したくない時に、如何にするか」


を確立することの重要性を再認識してみては如何でしょうか?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>