発音矯正で英語力はアップ出来る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんばんは。Koです。

このブログは毎日21時の更新となりましたので宜しくお願い致します。

英語学習に関するご質問を頂きました。










「仕事では英語を使いません。でも英語を使えるようになりたいです。










中学・高校といちおう英語を勉強してきましたが、










全く役にたっていません。今、27歳です。










これから何をどうしたらいいでしょうか?」










・・・とのことです。










公開出来ない諸情報もありますので、










ここではシンプルにその回答をご紹介したいと思います。










この方はTOEIC受験を義務付けられていないので、










英語のスキルのうち、何を向上させたいかというのは特にありません。










スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング。










基本的にはこの4つですが、










各スキルを単体で勉強し続けたとしても










総合的な英語力は強化されないと感じます。










ですので、もっとも効率的で、速効性もあるのが、










「発音矯正」です。










なぜか。










英語の発音が改善されると、上述の4つのスキル全てに










いい影響をもらたすことが可能だからです。










英語の発音がよくなると、英語を話すことができる (スピーキング↑)










英語の発音が良くなると、英語を聴き取れるようになる (リスニング↑)










その結果、










英語を話すことができると、英語を書けるようになる (ライティング↑)










英語を聴き取れるようになると、英語を読めるようになる (リーディング↑)










というわけです。










色々と英語力アップに役立つ切り口はありますが、










個人的にはこの「発音矯正」が最強だと思っています。










私自身、アメリカ留学をしていましたが、










社会人になってから発音矯正を行った結果、










全体的な英語力が飛躍的にアップしたと感じています。










私が実践した教材は英語の発音.com です。










公式HPを見て頂ければ分かりますが、その方法を特許として申請しているようです。










ちなみに、私は現在知的財産管理技能検定










という国家試験に挑んでいるので分かりますが、










申請するだけなら誰でもできます(笑)










出願審査請求をして、同様の特許が登録されていなければ、無事登録出来ます

ただ、特許登録の条件として、新規性や進歩性が必要になりますので、

この方法がそれらに該当しなければアウトですけどね(笑)

この「発音矯正」は奥が深いです。

もうちょっとお話ししたいので、次の機会にお話しするようします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>