私の大失敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

私は社会人1年目に英検準1級をとり、その勢いのまま英検1級をもとろうと勉強を始めました。




当時の考えとしては、



「準1級を勉強無し合格したくらいだから、



ちょこっと勉強すれば英検1級も合格できるでしょ」



ってな感じでした。



その後、月日は流れ…。



英検1級に合格できたのは4年後でした・・・。



その間1次試験に落ちた回数、確か9回くらい。



もう挫折しまくり。



何度英検1級を諦めようとしたことか。



しかも周りはTOEICブーム。



だーれも英検1級を目指している人なんていませんでした。



* 統計的には英検1級受験者ってそこそこいるんですけどね。



そんな中、モチベーションを切らさずに、



継続して英検1級の勉強を毎日続けてこれたのは、



手帳を効果的に活用してきたからだと思っています。



最近は「手帳活用法」なんて形でよく紹介されていますが、



まさにあの感じ。



夢や叶えたい事、こうありたい自分などを



手帳の表紙に書くことで宣言し、



それを実現する為には、半年で何をすればいいか、



1ヵ月で何をすればいいか、1日では?



という風な感じで、何とか気力を保ちながら続けることが出来たんです。



あの時は正直本当につらかったです。



途中で投げ出すのは絶対に嫌でしたし、



一方で、もう止めたいと思うこともしばしば。



でも根本的にあった感情は、



絶対に合格してやるって気持ち。



そんな葛藤を繰り返しながら日々勉強していましたが、



届く通知書は「不合格」のものばかり。



スコアを計るTOEICとは異なり、



純粋に、合格・不合格でその結果を判断する英検というのは、



時に残酷なほど私を傷つけました。



まー、本当に心が折れそうでした。



仕事はたんまりあるし、遊びたい気持ちもあるし。



でも「絶対に英検1級はとってやる!」って気持ちは



何とか手帳を活用していたおかげで、



切らすことなく持ち続けることが出来ました。



「手帳を英語で書く」ことは英語学習上役に立つとご紹介しましたが、



実はそれ以上の力をもっているかもしれませんので、



皆様も是非有効に活用してみて下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>