私が犯した英語の間違え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

新卒で商社に入社した1年目に、非常にアホっぽい英語メールの間違いをしていました。

私はメールの最後に、「~して頂ければ幸いです」的な文章でメールをしめるようにしているんです。

英語にすると・・・、

“It would be appreciated if you ~”



みたいな。



この表現を誤って、



“I would be appreciated if you ~”



って書いていたんです。



しかも、半年以上・・・。



最終的には、当時の上司から指摘を受けて気づいたんです。



(上司) 「あのさー、前から言おうと思ってたんだけど」



(Ko) 「はい、なんでしょう?」



(上司) 「”I would be”じゃなくて、”It would be”だろ?」



(Ko) 「・・・Oh my god!!」



・・・もっと早く言ってくれって感じでした。



だって、”I would be”で腐るほどメール出しちゃったからさ・・・。



ちなみに、これと似たような間違い他にもあったんです。



これまた、文末の表現なんですが、



「この度はご迷惑をお掛けして申し訳ありません」



ってありますよね?



これって英語でどう表現します?



・・・



・・・



・・・



はい。正解は、



“Sorry for your inconvenience”



とかですね。apologizeとかでもOKですけど。



この表現を、



“Sorry for my inconvenience”



って、使っていたんです・・・。



しかもこれは1年間くらい・・・。



「あなたに不便掛けてすみません」



って内容なのに、



「私自身に不便掛けてすみません」って、



アホ過ぎますよね。


あ~、もう本当に恥ずかしいです。


これに関しては、同僚のメールを見て気づきました。


「あれ? 同僚の間違ってるぞ」


「正解はこうだよ・・・ (電子辞書で例文を探す)」


「・・・あれ?載ってない」


「・・・! 違う!間違っているのは自分だ!」


いやー、その同僚に本当に申し訳ないです。


こういったビジネス英語の間違い、皆さんはありますか?
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>