外為窓口へL/Cを提出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 139

日本ではそろそろお盆の時期も終わりですね。当社も、今週は多くの人がお盆休みを取り、電話もそれほど鳴らず、静かな一週間といったところでした。

加えて、私の担当国 (シンガポール・マレーシア・インドネシア・インド)では、祝日が何日かありましたので、まー オフィスが静かなこと (笑)

ちなみに何の日かと言えば・・・、

シンガポール

08月19日 断食明け大祭


マレーシア
08月19日 断食明け大祭
08月20日 断食明け大祭


インドネシア
08月17日 独立記念日
08月19日 断食明け大祭
08月20日 断食明け大祭
08月21日 一斉休暇日
08月22日 一斉休暇日


・・・ラマダン関係ばっかりです。



欧米と同じで、「休み前は休みでなくとも休みだ」精神があり、



結果的に今週はお休みムードだったってことになります。



「クリスマス」や「旧正月」などは



日本人にとっても馴染みがある世界の祝日ですが、



イスラム関係はまだまだ馴染みがないと感じます。



そんな状況の中、



インド向けの事務処理を担当している女性が午後休を取ることになり、



銀行へ持ち込むべき信用状書類を急遽私が持ち込むという機会がありました。





私は海外営業職ですので、



本来の業務範囲ではないんですが、



インド担当営業ということで私が銀行へ。



まぁ、この銀行へ提出する作業自体はどうってことないんですが、



皆さんの中には「信用状」に馴染みのない方もいらっしゃると思います。



「信用状」、英語でLetter of Credit (L/Cと呼ばれます)は、



海外との取引の際に使用される銀行保証による支払い書みたいなものです。



例えば、中国から製品Aを買いたい、という注文があって、



こちらにも売りたい、という意思があるとします。



でも、その中国の会社は財務状況がボロボロで、



本当に支払い能力があるかどうか不安です。



こういった時に、中国の会社側の銀行と、



こちら側の銀行が互いに支払い保証を確認し、



当事者に支払いを保証させる目的で使用されます。



* 本当はもっと細かいんですが、イメージとしてはこんな感じです。



ちなみに、当社の場合はだいたい “Irrevocable L/C”を使用します。



それと、大口得意先とは”Revolving L/C”を使用しています。



どちらも??という人はこちらで勉強出来ます



また、銀行の「外為窓口」ってあまり馴染みないですよね?



だいたい、どこの銀行でも2階, 3階とかに、こんな窓口があるんです。



         6

紹介する程面白い画ではありませんね・・・(笑)



このブログは「TOEIC900点取る!」ですが、



「TOEIC900点取った結果、Koがしている仕事」についても書いているせいか、



「英語を使う仕事って何ですか?」とか、



「貿易の仕事につきたいんですが?」とか、



「外資系って大変ですか?」などのご相談がよくあります。



こういった仕事に馴染みが無い方にとっては、



それなりの情報価値があると思いましたので、



今回の「信用状」に代表されるような「貿易実務」のことに関しても、



積極的に情報発信したいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>