2012年の夏を生きる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

8月もそろそろ終わりですね。

と言いつつも9月までがっつり暑くなりそうなので、

夏もそろそろ終わり、っていうことでもなさそうです。

まとまったお休みを取れる人もいるので、

何か新しいこと、今までしたかったけど出来なかったことなどに、

時間を費やせるいい機会にもなりそうですがね。

私がやってみたいなと思っているのが「英会話無料体験レッスン」シリーズ。

各企業も「夏」を理由に、新たな顧客獲得をすべく、

多彩な無料体験キャンペーンをしています。

「無料」であろうからと言って、その質が低い訳ではなく、

秋以降に継続して利用して貰う為のキャンペーンである訳ですから、

むしろ「高品質」をアピールしたいはずなんです。

無料で提供しても、その後回収できる算段があってこそのキャンペーンですからん。

この辺の話はちょっとマーケティング論になるんですけど。

で、その代表例がECC外語学院です。


私のホームページでも「TOEIC対策」として紹介していますが、こういう時には「ビジネス英会話」とかをやってみたいですよね。


ちなみに私は大学生時代に英会話の無料レッスンばかり受けていた時期がありました(笑)


私が把握している限り、ECC外語学院を普通に受講すると価格が高いんですよ。


だからその辺の真偽を確かめる為にもいいかと。


そして、もう一つ紹介しているのが英会話のイーオンです。



こちらは気軽に受けられる英会話レッスンといった感じですよね。



私は大学生の頃にTOEIC・TOEFLコースを受講していました。



先生はハワイ帰りの帰国子女のお姉さん (当時25歳)。



ルーシー・リューみたいな人でした。



でもでも、一番のお薦めは、




英会話のBerlitz
ですね。何故かと言うと、講師陣のレベルの高さと、英語に対する熱い思い。

なんだか精神論チックになっているんですけど、
実は私、以前の転職活動の際にこの会社を受けているんです。







そこで色々と話をさせて貰いまして、その結果会社としての姿勢とかが分かるんですよね。







で、それについて色々ご紹介したいんですけど、







多分言ってはいけないようなことなので止めておきます。







ちなみに、最終選考で私は落とされてしまいました(笑)







ですので、英会話のBerlitzは、是非この夏の時期に無料レッスンやってみたいですね。







と言いつつも、「私はTOEICのみ!」って言う人は是非TOEICの勉強を。







英語のみならずですけど、







学習の方向性を間違えてしまうのは習得への遠回りとなってしまいます。







「何のためにTOEICを勉強しているか」を再認識し、







その中で「英会話スクールを一度経験する」ことが、







意味・価値があると自分で納得した上で無料レッスンには参加すべきです。







「無料だから♪」って気持ちで行っても意味無いですよ!







・・・説教っぽくなってしまいました。が、







実は、そう叫びたくなる理由がありまして。







私の友人が、英語ではないんですが、中国語のスクールの経営に携わっていまして、







やっぱり同じような無料キャンペーンをやっているんです。







で、中国語ってやっぱり注目されているので、







「無料」でキャンペーンを打つと結構人が集まるらしいんです。







でも、来る人の「意識の低さ」にがっかりするんだそうですよ。







詳細は省きますが、簡単に言うと「冷やかし」みたいな。







まー、仕方ないんですかねー?無料ですもんね。







そんなこんなで、「目的意識をもって無料レッスンに行って下さい!」と叫んでしまいました次第です (笑)







どうぞどうぞご堪忍を。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>