【読者様からのご相談】Koはいくらお金を使った?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Koへの学習相談、多くの方からご相談頂きありがたい次第です。最近、結構頻繁に頂く質問としまして、

「Koさんは、TOEIC900点 (若しくは英検1級)までに、どれくらいのお金を使いましたか?」というのがあります。
この類の質問を頂く頻度から考えますと、皆さんやっぱりお金をどこまで使うべきかで悩んでいるようですね。
えっと、真面目に答えようとしましても、全てのことに掛けたお金を数えている訳ではありませんので、
何ともよく分かりません(笑)
ただ、「どれくらいのお金を掛けるべきか?」という質問の答えを出すとしたら、



「自分が使えると思うくらい」使えばいいんじゃないですかね?



・・・なんだかテキトーな答えに聞こえてしますが、
自分の家計を脅かすくらい使う必要はないでしょうし、
余裕があるならそれなりに使ってしまっても構わないと思います。




ちなみに、分からないと先述しながらも、
私は恐らく書籍関係で30万円、
英会話スクールで50万円くらい、
その他教材で20万円くらい・・・ですかね?最低使っているはずです。




あと、米軍キャンプにも行行っていましたし、
オーストラリアへのホームステイも20万程度かかっていますし、
アメリカ留学に掛かった費用は200万以上ですから、
トータルで 300万円強は英語学習にお金を掛けているんではないでしょうか。



かといって、300万掛ければ英語を話せるようになる、って訳でもないですしね。



この手の話し、つまり「自己投資」に関して、
私の中では「時間」との関係性を重視するようにしています。



ある教材で勉強すれば、通常だと6カ月掛かるものが、
お金を掛ければ、2か月で勉強することが出来る。など。


参考書を買うと、お昼休みしか学習出来ないが、
オンライン教材を買うとどこでも場所を選ばずに学習が出来る。
となると、3か月で勉強しようとしていたことを、
1ヵ月でマスターすることが出来る。なども。


時間がある人は、速効性の無い教材で ゆっくりと時間掛けてもいいと思いますが、
何せ私は商社マン時代、死ぬほど忙しい生活を送っていましたので、
とてもじゃないですが、まとまった勉強時間なんて確保することが出来なかったんです。


それで、「お金で時間を買う」という発想に辿り着いたんです。


それと、この考え方に加えて、「後悔の有無」ですね。
何気にこれが一番の基準だったりします。



「これを今やらなかったら、将来後悔するか否か?」
ということを常に気にするようしています。
(っていうか、勝手に気になってしまいます)


とにかく私は、20代で英語をマスターしたかったんですよ。
30代になって、未だにTOEICや英検って騒いでいたら、
自分の中では遅いと考えていたんです。
もちろん、世の中には30代・40代・50代で
TOEIC・英検の勉強をされている方は大勢いるでしょうけども、
あくまでも私の中で期限を設けるようにしたんです。
ダラダラと勉強していてもしょうがない、デッドラインを設定して、
それに向けて日々努力する! という考えなんです。



だから、「今の自分が英語を学習したい、と考えているんだから、
勉強しよう! この瞬間・この動機を大事にしよう!」って考えていました。




この2つの判断基準をもつようになってからは、
場面場面で、如何なる葛藤においても直ぐに判断を下せるようになりましたよ。



勉強する・しないが決まれば後は計画をたてて前に進むだけですからね。
判断で1ヵ月も2か月も時間を取られてしまっては意味がありません。




こういった判断を都度行うようにした結果、
念願の外資系企業に転職することも出来ましたし、
社内昇進も同期で誰よりも早く達成出来ましたし、
23歳の頃に夢見ていた駐在員の夢まであと少しのところまできています。



ですので、「どれくらいのお金を使うべきか?」の問いに対してましては、

「どういったキャリアプラン、若しくはどういった人生を歩みたいか?」

大きく依存するのではないかと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>