2011年01月の私のスコア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2

・・・下がっています。

比較対象は、その前に受験した2010年10月に取った935点です。

しかも、落ち幅はなんと65点!

事前にお断りしたように殆ど当時の問題内容やメジャーフォームかマイナーフォームかとかは覚えていませんが、

* メジャーフォーム・マイナーフォーム = TOEICには常に2パターンの問題があり、

それらを「メジャー」と「マイナー」のように使い分けています。

何をもって「メジャー?」「マイナー?」といった質問があると思いますが、

一般的には問題用紙の右上に記載されている英数字で識別しています。

記載されている数字が奇数の場合はメジャーフォーム (= 大多数の人が解いている)で、

偶数の場合がマイナーフォーム (= 少数の人)といったところです。

ちなみに、マイナーフォームに該当した場合は、

私がTOEICスコアアップに必要不可欠としている、

『答え合わせ→間違った理由を分析→復習して頭にいれる』

というステップを踏むことが出来ません (正確にはステップを踏みづらいってことです)。

と言いますのは、その言葉の通り、マイナーフォームで受験した人数は、

メジャーと比較して圧倒的に少なく、答え合わせをしあえる人が少ない為です。

・・・と横道にそれましたが、

この時に憶えていることといえば、

『935点は偶然だったのか???』

ということ。

当時TOEICに対しては、『あんな試験受けても意味ないよーん』くらいにしか思っていなかったのですが、

(そう感じていた明確な理由はきちんとあります。ただただやる気のなかった奴ではございません。

詳しくは別途公開します)

俄然、『935以上取ったる!』という気になったことを憶えています。

それからですね。具体的で実践的なスコアアップの方法を考え出したのは。

『市販のテキストに言われるがままに勉強に時間を費やしても限界だ! やり方を見直そう!』

と思うようになりました。

そこから私のスコアアップ方法の模索が始まったのです・・・。

まぁ、TOEICに限った話ではありませんが、『自分にあった方法やり方』を見つけることが。

物事が上手くいく上では絶対条件ですもんね。

一方で、それを探すのが一番大変なんですよね・・・。

お金も時間も掛かりますし・・・。

ということで、私がしていた (というか今も実践している)ことは、

『まずは無料で勉強できる方法を考える』ということです。

『無料の教材で100点アップすることと、10万円の教材を買って100点アップすることは違う!』を

モットーに、無料、若しくは全額返金保証付きの教材にお金と時間を掛けました 

(嘘です。お金は掛かっていません)。

例えばこれ ↓ とかです。




『お金掛けたけどスコアアップできなかった~!』と

『スコアアップできなかったから、お金を戻して貰おう♪』では、

ぜんぜん違いますよね。

次回は、悪夢の870点の後に受験した『2011年03月受験結果』を公開したい思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です