英検1級と国連英検は孤独で寂しく。TOEICは楽しく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2

ンガポール出張の際に撮影した「マリーナ・ベイ・サンズ」。
先日、上司とこのホテルの話になったんですが、
彼は「カリーナ・ベイ・サンズ」と言っていました。

そして、敢えて正さずその場を終えました(笑)



えーっと、第173回TOEICを終えた後だからか、
Twitter上もTOEICの話題が尽きません。

あーだこーだと皆さん持論を展開しています。

大いに結構なことですよね。ホント。

ポジティブな意見もネガティブな意見も 話題があってこそです。

つまり、TOEICってそれだけ人の興味を寄せ付ける魅力があると思うんですよ。



一方で英検。

最近ではTOEICに受験者数も抜かれてしまい、
文部科学省は困ったものです。


更には「国連英検」。

皆様聞いたことくらいはありますかね?

こちらは外務省の管轄ですが、受験者が減少の一途を辿っています。




以前に、私は国連英検特A級を取るべく学習に励んでいました。

この時はまぁ大変でしたよ。

周りに勉強している人が殆どいないので、
モチベーションも上がらない孤独で寂しい時期でした。



いやもう本当にモチベーションが上がらないんですよ。
「あの問題が難しい」とか試験に関する話をしたいんですが、
「国連英検」自体を知らない人の方が多かったですし。


ですので、それから比べるとTOEICは受験者も多く、
色んな情報が入ってき易いので、大変刺激があります。



あ・・・、あと忘れていましたが、
TOEFLの勉強の時も独りぼっちでした。

アメリカ留学という大きな夢はあったものの、
大学1年生という遊びたい時期に
わざわざTOEFLを勉強する人は大学内にも皆無でしたね。



いやなんで今更こんな話をするかって言うと、
やっぱり学習を継続するにはモチベーションの維持が最低限必要だからです。
極端な話、それのあるなしで人生が変わっちゃうかもしれません。



* 英語学習をする ⇒ モチベーション上がらない ⇒ 英語話せないまま ⇒ 日本だけで過ごす


* 英語学習をする ⇒ モチベーションキープ ⇒ 英語話せる ⇒ 海外で過ごすこともできる




ちなみに私は貿易実務検定B級を所持していますが、
これはモチベーションというか、周囲からの「プレッシャー」で取りました(笑)


つまり、社内で
「商社マンで貿易に携わるなら、最低限もっていないとダメ」
みたいな空気になったんです。
それで半ば強制的に受験を・・・って感じです。
ま、でもその結果貿易知識を身につけることが出来ましたし、
それはそれで良かったと思います。




なーんて感じで過去の英語学習歴を披歴しましたが・・・、
今思えばサイトブログメルマガツイッターなど、
色々と情報を取る手段、同じ学習者と連絡を取る手段はあった訳です。


そういった技術があったにも関わらず、
私は一向にそれらを使いませんでした。
なんででしょうかね。きっと、「ネットで誰かとやり取りをする」
っていう感覚が無かったんでしょうね。



ですので、



「国連英検は受験者数が少ないからモチベーションが上がらない」
なんていうのは、
私の勝手な言い訳に過ぎないと思っています。
そういった状況の中で国連英検の学習を頑張っている人は日本に沢山いらっしゃいます。



ネットでの交流や、その他の情報を掴もうとしなかった私自身の
「行動力の無さ」に責任、原因があるのは間違いありませんね。



TOEICのみならずですが、
「自分が欲する情報・知識を、貪欲に追い求める人」に対してのみ、
「自己実現の可能性」があるんだと思います。


常に受け身では駄目です。その辺の人たちと同じになってしまいます。


最終的には、自分からガツガツと情報を取りにいく姿勢・行動力の有無が
TOEIC900点取得に繋がるんだと思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

『英検1級と国連英検は孤独で寂しく。TOEICは楽しく。』へのコメント

  1. 名前:Ko 投稿日:2012/10/02(火) 22:46:53 ID:2d8e0b3be 返信

    momoさん、コメントありがとうございます!
    あいにく私は国連英検は受験しないことを決めたんです。
    最初はA級を取って、その次に特A級を・・・、
    と思っていましたが、
    「今、このタイミングで国連英検を勉強する意味」を
    考えた結果、スパッと止めました。
    国連英検のエピソードはいっぱいあります。
    限られている学習教材や、
    二次試験のトピックの準備の仕方、
    国連組織の暗記の方法、
    NHK「今日の世界」を見て勉強する・・・などなど。
    TOEICとは異なりますが、是非国連英検に関しても
    記事にしたいと思います!

  2. 名前:momo 投稿日:2012/10/02(火) 19:23:49 ID:d1abbb90c 返信

    いつも楽しく興味深くブログ拝見しています。
    いつか国連英検を受けたいと思っているのですが
    今はチャレンジされていないのでしょうか。
    またぜひ過去のエピソードでも
    国連英検のお話もお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>