AKB劇場で偶然出会ったフランス人 ベン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

5

ャカルタのイタリアンレストランにて食したピッツァ。(ピザじゃなくてピッツァです)単身イタリアからネシアに乗り込んだというイタリア人オーナーのお店です。

えーーっと、話は変わりまして、私 Koは決してアイドル好きっていうわけではないんですが、秋葉原のAKB劇場には何度か行ったことがあります。ただし、私の意志で行ったんではなく、いわゆる「社内接待」で行きました (てか、連れてかれました)。通っていたのは2008年の7月。商社マン時代。現在のようにAKB48が世間に認知される前の話です。

このAKB話は結構色んな面白話もあるんですが、当時連れて行って頂いた社長さん (私が勤めていた商社の子会社社長)にも失礼に当たると思うので、あまり多くを語る気は御座いません。(・・・が、読者様の希望があればお話しします ^^)

で、初めて劇場に行った時、偶然 とあるフランス人の青年と出会ったんです。



彼の名前は Benjamin。



当時18歳の彼は、AKB見たさにわざわざ夏休みを利用し来日、

チケットの入手の仕方も分からずに、取り敢えず劇場まで来たとのこと。




で、私を連れて行った子会社社長さんは普通に英語を話せますし、

ベンもフランス人なので英語を話せるので、


「当日 劇場に来てもチケットは入手出来ない」


という、18歳の彼にとっては厳しい現実を説明。

* チケットは3日前までにメールで申し込みが必要 (今は知りません)。





ベンはとても落胆しており、立ちすくんでしまいました。

そんな彼を見た子会社社長さんが、


「Koさん、あなた営業マンでしょ。なんとかしてやりなさい」と。



私も、折角フランスから来たのなら是非目的を叶えてあげたいと思い、

劇場の受付の人と折衝を始めました。

「フランスって遠いですよ?お願いします!」みたいな感じで (笑)


・・・で、結果「特別OK」を貰ったんです!

その後、ベンは初めてのAKBライブを心から楽しみ

(と言っても当日は研究生公演)、公演終了後は共に食事も取りましたとさ・・・

 * 彼は 当時研究生だった きたりえ推しになりました (笑)






これって、今思うと凄いことです。

私が18歳の頃、異国の地に赴き、予定もせずに行動できたでしょうか?

ベンの行動力にあっぱれです。あっぱれ。



この話では「AKB48に会いたい」と言うのがベンの夢でしたが、

やはり 「自己実現をするには行動力」ということを再認識しました。



いくら強い思いをもっていても、動かなければ何も始まらない。

逆に、動けば直ぐに自己実現は出来るという典型的な例だと思います。



ちなみに、その後ベンはAKBに関するブログを立ち上げ、

フランスでは結構有名なブロガーになっているみたいです。

(Yahoo France!で「Benjamin AKB」で検索すれば多分出ます)

いやー凄い。あっぱれ。




私もベンのように国境を跨いだ行動力を身につけたいです。

Think less, Do more.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です