TOEIC 500点・600点・700点台の人向け「失敗しない」英語学習法 メールセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEIC500点・600点・700点台の人向け「失敗しない」英語学習法を学ぶメールセミナーを立ち上げました。このブログの「新着記事」の下部に掲載されています。

「は? メールセミナーって??」って感じですよね(笑)はい、ご説明申し上げます。

超単純に言いますと、「TOEIC900点を取る為に 基本事項として理解していたい事を、 メール形式で勉強する!」といったところであります。

で、どうして「TOEIC500点・600点・700点」台の人に限定したかと言うと、ひょっとしたら「今、実践している学習方法が間違っているが故に、未だにTOEIC900点に届いていない、かもしれないからです。事実、TOEIC530点の大学の先輩、同670点の商社マン時代の後輩、745点の地元の友達に共通している点は、



「そもそもの学習方法がちょっとヤバい」ってことです。

* この場合の「ヤバい」は良い意味ではなく、本当に「ヤバい」ってことです(笑)


当然500点の人と、790点の人では大きな差がありますが、

どうしても800点台をとれない、そして、
TOEIC900点なんぞ、夢のまた夢になってしまっている。
そんな方々を指します。




ですので、是非そういった方々にこのメールセミナーを受講頂きたいと思っています。



「セミナー」とか「受講」とか使っていますけど、
実際には私から送られてくるメールを読んで頂くだけです。



が、その「メール」は だいぶ込み入った内容となっています。
「気軽にブログには書けない内容」でしたり、
「出版社に喧嘩を売っている内容」になっていますので、
正直、ブログやホームページには書けません(笑)




Twitterでつぶやいて 炎上しても嫌ですので、
そういう内容はこの「メールセミナー」で皆様にお伝えすることとしました。




あ、かといって 「とんでもないおかしな内容」って訳じゃないですよ(笑)
私は大まじめで皆様に「失敗しない英語学習法」をお伝えするつもりですし、
間違いなく、受講頂いた方にはプラスになり、
それまでの英語学習へのスタンスが変わると確信しています。





ただし、TOEIC800点以上の人には不要だと思います。
既に800点以上をもっているようでしたら、
それなりの英語学習法を確立されているでしょうし、
900点を取る為にやるべきことも 見えていると思うんです。




ですので、




あくまでも500点台・600点台・700点台の人向け。


現状のスコアが該当する人には是非参加頂き、
「最短でTOEIC900点」をとって頂きたいと思っています。





あ、ちなみに 
このメールセミナーを立ち上げた理由は このブログの読者様です。



ある日、


「いつも楽しく読ませて頂いています。Koさんのブログは楽しく、
色々と参考になる部分が多いんですが、ちょっと上級者過ぎるので
510点の私にも900点を取れるようなコツを教えて欲しいんです」


というご相談を頂いたからです。





「な、なるほど・・・・」



と感じた私は、早速その日から
「TOEIC510点の人が、これから900点を最短で取るにはどうしたらいいか?」
に関する検討を始めました。




自分で考えた方法を、母校の大学の英語講師に相談してみたり、


当社外国人取締役にぶつけてみたり、


TOEIC満点ホルダーの方にも質問しました。





で、出した結論がこの「メールセミナー」です。


色々な方にご協力頂いたこともありまして、
かなりの自信があります。




「は?アホか?」




って言われることも書いてあるかもしれません。



が、



アホな考えでも、正しい方法は存在します。


常に常識を疑い、新たなやり方を開拓していく人が時代を作ってきたんです。




さすがに私が時代を作るなんて大袈裟なことは言えませんが、
英語学習法の常識をぶった切ってはいます。



ですので、TOEIC500点・600点・700点台の人は、
是非是非このセミナーに参加頂き、殻を破って頂きたいと思いますので、
何卒宜しくお願い致します!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>