ビジネスマンに「ラジオ英会話」は効くか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

1

日、築地の場外市場へ行ってきました。で、鳥半身の丸揚げを食べたんですが、もー何て言うか「超鶏 (ちょうとり)」って感じ。美味しく頂きました。えーと、本日は読者様からのご相談を一つ公開致します。まずはご相談内容から ↓

—- お名前 —–

Takuya

—– E-Mail アドレス —–
xxxxxxx

—– Title —–

ラジオ英会話

—– 質問・相談・コメント —–

Koさん。

いつもブログ楽しく読んでます。


僕は社会人5年目の27歳、メーカーの資材部で働いています。


英語は仕事でもたまにリーディングとスピーキングとリスニングを使っています。


そんなに多く英語を必要としているのではないのですが、


ビジネス英語は最低限できるといいたいんです。


でも、毎日仕事は10時過ぎまで続き、十分な時間が取れません。


周りの先輩に話を聞くと、ラジオ英会話がいいと聞きましたが、


分でもどうしたらいいか悩んでいます。


Koさんから何でもいいんでアドバイスをお願いしたく思います。


—– 記事への引用可否 —–
引用可 (名前表記OK)



私からの回答は以下の通り。





Takuya様



コメント頂きありがとうございます!




「ラジオ英会話を始めることで、ビジネス英語に活かせるか?」

というご相談内容だと解釈致しました。




結論と致しましては、

「活かせると思います」です。



断言出来ない理由は、

私自身がラジオ英会話で「インプット」したものを、

実際にの仕事に「アウトプット」した経験がないからです。




さて、それでは詳細を。



Takuya様がおっしゃる「ラジオ英会話」は、

つまり「NHKラジオ英会話」のことだと思われます。



現在の「NHKラジオ英会話」のラインナップは以下の通りですよね。




基礎英語 1


基礎英語 2 


基礎英語 3


ラジオ英会話


英会話タイムトライアル


攻略!英語リスニング


入門ビジネス英語


実践ビジネス英語




で、私も以前に「NHKラジオ英会話」で毎日勉強していました。

ただし、現在とラインナップが異なりまして、私が使用していたのは以下の通りです。



「基礎英語1, 基礎英語2, 基礎英語3, 英会話入門, 英会話, ビジネス英会話入門」




最初に「(確実に) 活かせる」と申せなかった理由は、

「(上記の) ビジネス英会話入門」を聴いていた時期が、高校生の頃だったからなんです。

つまり、「インプット」出来ても、「アウトプット」の場がなかったということ。


ですので、Takuya様の欲しいアドバイスを100%出来るかは少し自信がありません。




・・・と、前置きが大変長くなってしまいました。


本質のお話しを。





Takuya様の先輩のご助言は間違っていないと思います。


NHKラジオ英会話は、どのプログラムを見ても大変高品質な教材で、

「勉強する期間」もきちんと定まっていますし、

「(番組改編による) 内容刷新」も定期的にありますし、

「講師陣」のユーモア溢れる話し方も流石プロだな、と感じます。



あと、短時間で完結している点も優れていますよね。

ですので、例えば上述の「入門ビジネス英語」や、

「実践ビジネス英語」に取り組んだとすれば、

間違いなく 現実の仕事で使う場面に遭遇し、

学習したことを「アウトプット」すれば、

その英語力はTakuya様のものとなり、

「ビジネス英語が出来る」という状態になれると考えます。




・・・但し、



相も変わらず申し上げますが、

これらは「続けてナンボ」であります。


この「継続してラジオを毎日聴けるか」が、

「NHKラジオ英会話」を始めるに当たっての重要な要素となります。



で、



個人的には 「NHKラジオ英会話は 継続して学習するにはやや困難」と位置付けています。


前述の通り、内容は大変面白いですし、

飽きさせない工夫は既に施されています。



が、



Takuya様向けには、「困難」と考える理由は以下の2点。



1) 必要費用が安い点。


2) 毎日22時まで仕事をしている点。



最初のは つまり「始めるに当たってお金が殆どかからない」ってことです。



「安ければ安いほど良いのでは?」

となりそうですが、



人間、お金をかけないものには 得てして「簡単に放棄」してしまいます。


逆の場合を考えてみましょう。

ある教材に5万円を費やしたとします。

Takuya様の経済状況を把握している訳では御座いませんが、

英語の教材に5万円って結構な出費だと思います (私にとっては相当大きいです)。


ただ、「5万円の教材で英語を勉強する!」と腹をくくった以上、

そう簡単には止められないんです。




「5万円もかかったのに、1週間で飽きちゃった・・・。

でも、勿体無いよな・・・。よしもうちょっと続けてみようか・・・」




やや後ろ向きなモチベーションにも聞こえますが、

いずれにせよ、「簡単に放棄」しようとしていたところを、

「何とか頑張って続ける」という状態にまで持ち直すことが出来てますよね?




これがもし、NHKラジオ英会話の380円 (CDだと約1,500円)であれば、

間違いなく「簡単に放棄」してしまうと思うんです。



で、そうなってしまいそうだと感じた理由が、2) です。

Takuya様は毎晩夜22時まで仕事をされているとのことですので、

普通に考えても、精神面・体力面でもそれなりに疲れていらっしゃると思います。



・・・私は精神的・体力的に限界を感じながらも、

英語学習をしていた経験がある為、想像は出来ます。



その状態でラジオを聴く (若しくは再放送を翌朝聴く) としても、

いわゆる「万全の態勢」で英語を学習出来ていると言えない気がするんです。



以上のことを踏まえて Takuya様にご助言するとすれば、





「NHKラジオ英会話は 英語学習教材としては大変高品質、


だけれども 半年間・1年間 継続して学習しないと意味が無い、


継続して行う為には、現状の生活リズムではやや難しいので、


まずは 時間 (すき間時間)の確保を優先的に考える。


そこで、時間が確保出来るようであれば、今すぐ (10月分から)


入門ビジネス英会話、若しくは実践ビジネス英会話を始める」




ということに集約されると思います。


大変おこがましいことを申しているかもしれませんが、

これらの客観的なアドバイスが Takuya様の英語学習に

少しでも役立てましたら幸甚であります。




外資系営業マン Ko

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

『ビジネスマンに「ラジオ英会話」は効くか?』へのコメント

  1. 名前:元ステージア 投稿日:2013/03/23(土) 01:52:27 ID:66fd98054 返信

    こんばんは。アドバイスありがとうございます。
    質問の、ラジオ講座は「入門ビジネス英語」です。クルマの中で使うのは、自作のテキストです。と言っても、テキストを、書き移しただけの
    ものです。
    ただ、自分の字で書く方が、文章に魂が入るような気持になるので、テキストを10回声に出して読むより、1回話すのと同時に書いた方がより覚えやすいように思います。
    テキストは、ほとんど挿絵は無く 味気ない
    ないですね。
    自分で書いた文章には、マーキングするなどして
    視覚的に残るようにしているのですが、なかなか
    入りません。
    行き道は明るいので、読めますが、帰りは夜なので、聞く、しゃべるになります
    聞き流すのは、英語を勉強した気持になるだけで
    身になっていないので、聞き取ろうという気持で取りくみます。
    もともと、私の悩みは、当月度のフレーズは
    1ヶ月かけ、何とか覚えられるのですが、翌月に
    なると、悲しいくらい覚えていないのですよ。
    繰り返し覚えることが大事と思い、確認範囲を
    2か月前まで広げて復讐していたら、見直す量が
    多くなったので前に進まなくなってしまいました。
    こんな状態で、半年くらい続けてきまししたが、もっと良い勉強方法があるのか。焦らずに続けることが大事なのでしょうか?
    あと、聴く時間をリアルタイムで聴くことを進められるのはどうしてなのでしょうか?
    平日の拝聴は職場なので不可能です。土曜日の放送分は可能です。ただ、決まった時間という意味では今も同じです。運転がメインなので英語には集中できない環境ですが。
    アドバイス頂いているにも関わらず質問が多く
    すみません。

  2. 名前:Ko 投稿日:2013/03/22(金) 17:14:37 ID:0d4873902 返信

    元ステージア さん、コメントありがとうございます。
    使われているのは「入門ビジネス英語」ですかね!
    通勤時に英語を勉強されるとはさすがです。
    見事にすき間時間を活用されていらっしゃいますね。
    頭の中に入らないとのことですが、聴いている際には
    「テキスト」を同時に見ていらっしゃいますか?
    ラジオ英会話の利点の一つにテキストに記載されている画を
    見ながら場面をイメージすることによって、
    記憶がより定着し易くなることが挙げられます。
    私は13歳で「基礎英語 1」を始めましたが、
    その時の挿絵を今でも憶えているほどです。
    記憶の定着し易い・し辛いは、最終的に
    個人に因るとは思われますが、
    共通して言えることは、
    「記憶に定着する材料はあればある程よい」ということです。
    その一例が、「挿絵」でしたり、「(会話の)場面」
    だったりだと思います。
    こういった複数の材料があると、
    「入門ビジネス英語」にて使用されるフレーズや単語を
    自然と暗記することが出来るようになり、
    自分の頭の中 (の英語辞書)に入る、
    結果的に、英語を口に出すことが出来、
    ビジネス英語を使えるようになるということです。
    尚、書くことでも頭の中に入ると思われます。
    ただ、個人的には「書く」よりも、
    「話す (= 口に出す = 呟く = 独り言を言う)」ことの方が
    より早く身に付くような気がするんです。
    既に元ステージアさんは実行に移されていますので、
    時間は掛かろうとも、着実に英語をマスターする
    ステップを踏んでいらっしゃると思います。
    但し、「聞き流す」ことで英語 (= リスニング)の力を
    つけることは難しいと認識頂きたいですね。
    聞き流すのではなく、「聴き取ろう」とすることで
    初めて脳が動き出し、「単語を聴き取ろう」、
    「全体として何を言おうといているんだ?」という考え
    になりますので。
    聞き流すと脳は動きません。
    あとは、出来ればラジオ英会話を「CD」ではなく、
    「ラジオ」でリアルタイムに聴くことをお薦めしたいのですが、
    それは時間的に難しいのでしょうか?

  3. 名前:元ステージア 投稿日:2013/03/22(金) 00:56:13 ID:86e19e4a2 返信

    こんばんは。私もラジオ会話やってます。入門
    ビジネス会話をやってます。と言ってもラジオで
    なくCDを購入し、毎日の通勤の車の中で
    片道1時間 往復2時間を使っています。
    覚えるくらいの気持で聞いていますが、なかなか
    頭の中に入りません。英語が嫌いの45歳には試練です。聞き流すだけの勉強法では、無理という
    事を身を持って感じています。
    やはり、書かないと私の場合は覚えが悪く
    自宅で聞き、話し、書くことを繰り返して覚えています。最近は、車のなかでもメモ用紙片手に
    信号待ちで止まってときに書いています。
    楽して、身につかないと痛切していますが、こんな私に何かアドバイスあればお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>