元三菱商事のコンサルタント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 139

6

青山にあるGood Days MALASADAのロコモコ丼。あんまりロコモコって食べませんが、先日 大学の先輩と食しました。先日、某コンサルティング会社が来社しました。とある案件に関しての「顔合わせ」的な意味合いだったんですが、3名が3名とも元三菱商事の人。

うちの会社も、そこを「採用する」って決めた訳ではないんですが、なんだか「政治的な理由」でほぼ そこを使わなくてはならない状態です。

で、いっつも思うんですけど、コンサルタントって自分の出来ること・出来ないことを明示しないなぁ、って感じます。



いや、勿論世の中のコンサルタント全員に当てはまる訳ではないんですが、


「得意分野」とそれ以外の分野については先に宣言しておいた方がいいと思うんですよね。




商社時代に色々な経験を行い、ノウハウは蓄積されているのは分かりますが、


「一度だけM&Aに参画したことがある」


ってだけで、「M&Aは任せて下さい!」


って言われても説得力無いですし。





だって、M&Aを100回成功に導いた実績がある人がいたら、

申し訳ないですけどそっちにお願いしちゃいますからね~。




ま、仕方ないんです。



コンサルタントフィーって、そもそも曖昧な決定要素で決まってますから。


高額報酬の内訳を明確に定義出来る要素はありませんので、

「学歴」とか「実績」だけでしか売込できませんからね。

・・・でも、出来ない (経験が少ない)ことを、「出来ます!」って言われても困っちゃいますが。





このブログの読者様の中に、コンサルタントの方、若しくはコンサルになりたい

と思っていらっしゃる方がどれくらいいるかは存じ上げませんが、

「コンサルティング会社に入社する」というのは、なかなかの狭き門だと思います。



ま、コンサルティング会社にも 経営・会計・

会社設立・M&A・会社清算・戦略・人事・・・

とかいっぱいあるんで、一概には言えませんケド。




あのマッキンゼーなんかは、

ハーバードやスタンフォードの学業成績トップ10の大学生を

ヒルトンやシェラトンに招き、壮大なパーティーで厚くもてなして、

学生の囲い込みをするくらいですからね。


でも、これも数年前の話。今はどうなんでしょうね。





ってか、そもそも「コンサルティング会社」に入社せずとも、

個人でコンサルティングってのは出来ると思っています。



事実、私もこのブログ・ホームページ上で「英語学習相談」を行っている訳ですから、

言いかえれば「英語学習コンサルティング」ですよ。



にも関わらず、「コンサルタント」っていう響きだけで目指す人も多いのが実態です。



ですから、

本当にコンサルタントになりたい!と思う人は、

まず 何でも良いので 自分の専門を磨くことに徹した方がいいと思います。





さぁさぁ、そして本日、10月TOEICの受験票が届きましたね!




私はいつもの某工業大学・・・・と思いきや、

5なんと ここ↑でした・・・(驚)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>