海外営業職の仕事内容【マレーシアへの海外出張】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

 海外営業職の仕事内容【マレーシアへの海外出張】


インドネシア出張から戻ってきて直ぐにマレーシアへ一週間出張をしてまいりました。

改めて海外営業職の仕事内容・具体的な行動スケジュールなどを写真を交えてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク
Sponsored Link

日程・スケジュール

今回のマレーシア出張のスケジュールは以下の通りです。

09/16(月) AM 11:30 成田発 (JAL便)  PM 17:30 クアラルンプール (以下KL) 着

09/17(火) マレーシアの新代理店候補の会社と折衝、及びエンドユーザー同行訪問(終日)

09/18(水) 同上

09/19(木) AM 現行代理店と今後のマレーシア市場向け拡販協議。

      PM 新代理店候補と折衝。

09/20(金) マレーシアの新代理店候補の会社と折衝、及びエンドユーザー同行訪問(終日)

      PM 22:50 KL 発  07:00 成田着

スケジュール自体は私にとって通常のものでした。

ただ、本来であれば日曜日中にKLに到着し、翌日から営業活動に挑む予定でしたが、マレーシアでは 09月16日が Malaysia Day と言う祝日であった為、月曜日中の移動となりました。日本でも月曜日は祝日でしたよね。

尚、09月16日に 日本へ台風18号が上陸する関係で 飛行機の出発が数十分遅れました。

そもそも飛ぶのか?と思っておりましたので、それから比べますと少しの遅れで済んでラッキーでしたね。


出張の目的

先述のスケジュールをご覧いただければ分かるかもしれませんが、今回の海外出張の目的は、マレーシア市場を切り崩すに当たり、新たな代理店・販売窓口・販売パートナーを発掘することでした。

私は基本的に日本にいながら仕事をしている為、現地で率先して毎日営業活動を行って頂く企業が必要となります。

現地では、ビジネスの文化の違い・習慣の違い・言葉の違いなどに代表される様々なハードルがあり、外資系企業にとってはその攻略が大変困難なものです。

従いまして、当方の概念・方針をよく理解して頂けるような企業を見つけ出すことが、その攻略の第一歩となる訳ですね。

付け加えておきますと、当社の場合は「現地資本のパートナー」を探しておりますが、多くの日系企業では「日系のパートナー」を探している企業もあります。

この場合は商社が多いですね。「三菱商事マレーシア」とか「伊藤忠マレーシア」とか、そういったイメージです。

こういった企業と組むメリットは何と言ってもローカルの事を熟知した日本人であるということ。

日本企業側の希望も汲んでくれて、且つ現地のことにも精通している。こういった企業、及び人材は大変重宝され、年収も軽く1,000万円オーバーの模様。

この辺に関しては別途記事にまとめますので今回は割愛します。


英語を使う機会

さてさて、今回の出張で英語を使う機会ですが、当然の如くありました。

尚、マレーシア人と仕事をするといいましても、その殆どが華僑のマレーシア人でしたので、彼ら独特のスピーディーな英語についていくのが大変でした (泣)

何と言いますか、語尾の音が消失するんですけど いわゆる消失ではなく、純粋に発音が途切れているような話し方だな~と感じましたね。

一番意味不明でしたのが、”ジア”です。

訪問先への道中、マレーシア人が “Do you know ジア?”を連呼してきて、その中身を私に説明してくれていたのですが、私は”ジア”を全く理解出来ずに更に詳しい説明をもとめてしまいました。

色々聞いていくと・・・、

“so strong smell, but I like it.”

“Most people do not like it, though.”





(Ko) 「Well… you mean, durian ? a king of fruit?」



(華僑系マレーシア人) “Yeah! You’re right! ジア! ジア!”

こんな英会話を4日間毎日し続けておりました。来週のTOEIC リスニングに活かせますかね・・・?

いくら綺麗な英語を聞き取れても、こういった特別な英語を聞き取れないと何の価値もないと思いました。


マレーシアへの海外出張中に撮影した写真

ここからはマレーシアへの海外出張中の合間に撮影した写真をご紹介致します。写真をクリックして頂けますと大サイズのものが見れます。

マレーシア 出張 食事

相変わらず食事のシーンが多くてスミマセン。初日の夜は屋台でごはんを食べました。ミーアゴレンやサテーなどのマレーシア料理が中心です。インドネシア料理と共通している点も多い為、このへんは手慣れたものです。

カールズバーグのビール

デンマークのビールメーカー、Carlsbergです。味はあっさり、バドワイザーみたいな感じですかね。私は殆ど飲まず ビールに関する知識もありませんでしたが、海外営業職として仕事をしていく中でビールの銘柄は世界共通の話題であるということに気付き、色々と知って行くようになりました。従いまして、「英語を使って世界中の人とコミュニケーションを取りたい!」と思っている人は、天気・スポーツ・政治の3大ネタの次点くらいに、ビールのネタを仕込んでおくといいかも知れませんね。

マレーシア ローカルフード

サテーです。左にある白い物体はお餅みたいなパンみたいなやつでした。

マレーシア 料理 お肉

名前忘れましたけど、牛肉を炒めた料理。これで200円くらいですか。

マレーシア ホテル 食事

宿泊したホテルの朝食です。このホテルはもう4回目くらいですのでこなれたものです。日本食がないのがちょっとね・・・。

マレーシア 料理 バクテー

これまたローカルフードのバクテーです。骨付き牛肉の煮込みですね。これはまぁ美味いです。

マレーシア 日本食 ラーメン

無性にラーメンを食べたくなったのですが、こんなお店しかありませんでした。ラーメンはあったのですが、あまりにも美味しくなさそうでオーダーしたのは・・・、

写真 (10)

かつ丼です。でも、肉が極薄でね・・・、

マレーシア 日本食 ホテル

結局唐揚げも頼んじゃいました。パサパサ感がハンパ無かったですけど・・・。

マレーシア sunway ロビー

ホテルのラウンジで仕事のレポートを書きながらiPhoneでTOEICアプリの勉強をしていました。こういった時にアプリって便利ですよね。参考書を持っていくわけにはいきませんから。

マレーシア 資生堂 マグ

取引先の社長の奥様が、マレーシアで資生堂の化粧品店を経営しているとのことで、珍しいマグカップを見つけました。なかなか貴重な気がしますが どうなんでしょうかね。

マレーシア 水 

マレーシアの企業は広告宣伝の意味でボトルドウォーターを作ります。ラベルに自社のロゴを記載するんです。これは某グループのものです。

クアラルンプール空港 カフェ ネット

クアラルンプール空港のカフェ。アイスコーヒーを飲みながら仕事していました。

マレーシア スタバ スターバックスRaspberry Blackcurrant Frappuccinoを飲みました。日本にはありませんが、海外には数年前から定番商品としてありますのであまり新鮮味はありませんでした・・・がやっぱり美味しいです。

アジアの空港 シンガポールドル 使えるか

手持ちのリンギットが無かった為、シンガポールドルで購入しました。 6S$でお釣りが出ましたが、その辺はもうどうでもいいです。手持ちの外貨をどんどん減らしていきたいので好都合でした。

と、今回の出張はこんな感じでした。

明後日から2週間ぶりの出社です。頑張ります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>