「TOEIC(R)の点数は高いけど英会話はできない・・・」と苦手意識のある人に向けた克服方法3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 153

TOEIC満点・990点 英会話できない人

昨今、日本の企業でも問題になっている「TOEICはハイスコアだけど、実際には英語を話せない人材問題」ですが、やはり私の周りにも大勢います。

私自身、「両方とも完璧に出来るぜ!」なんてことを言える立場ではありませんが、外から客観的に彼ら・彼女らを見ていると、「ここをこうすれば、簡単に英会話を出来るようになるのにな~」と思うことがあります。

余計なお世話になるかも知れませんが、そんな人達が英会話を使いこなせる為の克服法をまとめてみました。

スポンサーリンク
Sponsor Link

TOEICハイスコアのプライドを捨てる

これが全ての様な気がしますが、TOEICの点数が高い人って、物凄くそのことに自信を持っていて、プライドが高く、「英会話? 必要無い。TOEICは趣味みたいなもんだから」ってスタンスを取りたがるんです。

で、こういう人達と話す度に思うんですけど、「英会話は不要」ってわざわざ口に出すってことは、本心では「英会話を出来るようになりたい」ってことじゃないですか

TOEICを勉強しているってことは、間違いなく英語に興味ありますし、英語に興味あるってことは絶対に英語を使って外国人とコミュニケーションを取りたい願望があるはずなんですよ (私の偏見かも知れませんが・・・)。

この本質を何故か隠したがる傾向があり、そのマインドが無意味に英会話上達に向けた壁、つまりマインドブロックを作ってしまっているような気がするんです。

いや、気がするって言うか絶対そうです。

TOEICブログを立ち上げ、これだけ毎日TOEICに関して記事を書いている私が言うのもなんですけど、ある種 昨今の日本におけるTOEICってバブルみたいなもんですからね。

実態が無いのにも関わらず、周囲はスコアでその人の英語力 (= この場合、英会話力・英語でのコミュニケーション力) を測られてしまう訳ですから。

で、きっとTOEIC高得点の人達もそれには気付いていると思うんです。

ですが、毎回受験する度に高得点を取り、周囲からは持て囃されるのですから、そこを居心地良く感じてしまうんでしょうね・・・。

ここから脱却する方法・克服法としては、やっぱりその居心地のいい場所に留まってはいけないという強い意識を持つことだと思います。

いやまぁ、凄いんですよ? TOEICで高得点を取ることって。

でも、「社内での昇進・昇格に必要だから取った」とか、「英語以外にも、韓国語・中国語などを万遍無く勉強したいから、TOEICは900点取ったら取り敢えずOK」などの理由により、納得するならまだしも、「英会話も上達したいけど、TOEICハイスコアだからTOEICの勉強だけに専念しよう」ってのは、正直もったいないと思っちゃうんです。余計なお世話かもですが。

とまぁ、色々と乱暴に発言してきましたが、言うは易しです。

具体的・実践的なプライドの捨て方は個人に依りますし、相当難しいと思います。

TOEICにこだわるようであれば、単純にS・Wテストを受けることが一番手っ取り早いのかなと思いますが、如何でしょうか。

TOEIC向けの勉強をせずにTOEICを受験する

克服法の2つ目はこれです。

仮に、TOEIC高得点者が今現在でもTOEICを継続受験している場合に限っての話ですが、もう金輪際、TOEIC対策・TOEIC用の勉強を一切やめた上でTOEICを受験するって方法です。

既にTOEICで高得点を出している人って、平均より上の英語力を持ち合わせているはずですよね。

ですので、TOEIC対策としては もう一切勉強せずに、その時間を有効活用して英会話を勉強する時間にスイッチする。これだけで十分 「TOEIC 寄りな思考」から脱却することが出来ると思います。

但し、この方法、「1度だけTOEICを受験し、その時は900点だった。今後は受験しない」って言う人には何の意味もありませんが。

あくまでも、「TOEIC ハイスコアで、それでも有る程度継続して受験している人」向けの脱却論です。

その人たち向けの脱却法に触れなかった理由は、そういった人達って既に英会話の勉強・トレーニングを始めているだろうなぁと判断したからです。

そういった変なマインドブロックを持たず、思考を容易に切り替えできる人達は 直ぐに英会話のスキルも向上し、「TOEIC も高得点で、英会話も出来る」って人になると思います。従いまして、ここでは割愛しました。

英語を使う仕事に就く

やや極論に近いかもしれませんが、英語を使う仕事に就くことが「TOEIC のスコア相応の英会話スキル」を持つことへの最短方法ではないでしょうか。

今現在、全く英語を使う環境に無い人だとしても、「将来的に英語を使った仕事に就きたい」と理想・希望をもつだけでも構わないと思うんです。

TOEICに限らずですが、資格って それ自体を取得して終わりではなく、それを利用・活用して初めて意味が有る訳ですから、活かさない手はないのです。

「自分が英語を使った仕事なんてとんでもないっ! 100%無理」と少しでも感じられている人がいらっしゃるようでしたら、まずはお近くの転職エージェントに相談してみて下さい。

絶対にあなたのTOEICハイスコアを活かせる企業はありますし、英会話力も今よりアップすると思います。

転職エージェント① ⇒ リクルートエージェント (国内最大の求人数)

転職エージェント② ⇒ JAC Recruitment (英語を使う求人数が多い)

転職エージェント③ ⇒ DODA by インテリジェンス (最近勢いが無い・・・)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です