『英語で手帳』の中身公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

4

の手帳です。


以前にtatsuyaさんから「手帳について教えて!」とありましたので、
結構恥ずかしいんですが お見せできる範囲で公開しようかと。




まず、ご覧頂いて分かるとおり、私はA4サイズの手帳を愛用しています。

Windows 8 には、凄まじい手帳機能があるそうですが、そんな大層なもの使っておりません。




『でかっ!!』




周りのリアクションの9割がこんな感じ。
でも、もはや私はA4じゃないと駄目です。




一般的なサイズのありますよね?こういうの。

    5

これは正直使えないです。ただの時間管理する為だけの手帳って感じ。



そう考える理由ですが、


『物事を俯瞰的に捉えることが出来ない為』であります。


詳細は後ほどご紹介しますが、まずはこの「A4サイズ」手帳を使い出したきっかけを。



遡ることアメリカ留学時代。
留学当初の私は、Fall Semester (秋学期)にて、
「Academic writing」「Psychology」「Intermediate Sociology」「Statics」
などを履修していました。



留学経験がある方はご存知かと思いますが、
アメリカの (って言うか海外の?)大学は「宿題の量」が膨大にあります。
授業終わってそのまま図書館行って取組まないと はっきり言って終わりません。
毎日夜の0時まで図書館で宿題に取組むのは普通でした。




で、それが単純に「x 4」あったんですよ。上の4クラス分が。
それはもう大変な状況でして、「Statics」のreportが終わったと思ったら、
次は「Psychology」のpaperを仕上げないといけない。とか。



また、当然ですが宿題には期日があります。
単純に「次回のクラスまで」って訳ではありませんが、
数時間で終わるような内容ではない為、大体が「2週間後」とかでしたね。



で、それが毎回課せられる。当然の如く、当時の私はとんでもない状況に陥りました。
最初はもうパニック。
「とにかく片っ端から片付けよう!」という意識が働いて、
図書館やカフェに入り浸り、毎日勉強しまくりました。



そんなある日トラブルが。
ようやく完成した「Intermediate Sociology」の宿題を提出した2時間後の、
「Academic Writing」のクラスで、宿題を忘れてしまったことがあったんです。



「トラブル」って言うと言い過ぎかもしれませんが、もう愕然。
そんな宿題があったことさえ、すっかり忘れてしまっていました (笑)



その時の先生からは「次は忘れないでくださいね」くらいで済んだんですが、
私の中では物凄く「やってしまった感」が残り、
「これは抜本的にどうにかせねば・・・」と焦燥感が次第に表面化。





で、「時間管理」をきちんと行うという考えに。

その際に、「手帳を使おう!」という発想には比較的直ぐに至ったんです。
って言うか、先述のような一般的な手帳は持参していましたので、
それを使って時間管理をしよう、と一時は考えたんです。




実際に、手帳に各クラスの宿題の提出期限やイベントなどを記載し、
取り敢えず私のドタバタ生活は落ち着きを見せました。






・・・が、またもやハプニング。

宿題忘れ。

いやもう、本当に情けないです。
手帳を使いこなせていなかったのか、使い始めてから1ヶ月くらいで、
当初の目的である「時間管理」を全く出来なくなっていました。





そこで考えたんです。
「なんで忘れてしまうんだろう?」
結論は意外に早く気付きました。


「(手帳の)1ページ当たり、記載する日が一週間しかない」から。


翌週の予定を知るには、その次のページを、
翌々週の予定を知るには、その次の次のページをめくらないといけないんです。

つまり、頭の中には「今週はAとBをしなきゃ」という意識はあるものの、
「翌週にはCやDもある。更には翌々週にはEが控えている」という意識が全く無かったんです。




いやまぁ、「ページめくればいいじゃん?」って話なんですけど、
人ってなかなかそれをしないんですよね~。



で、気付いたんです。

「一週間単位で予定を組んでいたら駄目だ。最低でも一ヶ月レベルで考えないと」

手帳で、宿題や友人との遊びを管理することは間違っていないと思います。
が、一般的な手帳で当時の生活を漏れなく滞りなく管理するには
1ページで一週間しか管理しないような手帳では機能しなかったんです。


一方で、一般的な手帳でも一ヶ月を1ページで記載している箇所は存在しますよね。
だから、なんら問題ない!って言いたいところですが、
とにかく「書き込むスペースが小さい」んです。



同じ日に、「test」「due date for paper of Stat」「Party @ Ben’s place」
とか書くと、もう窮屈。っていうか書けません (笑)


「ええぃ! このサイズでは駄目だ! 予定が書ききれん!!」
と私がなったのはそんなに時間を要しませんでした (笑)





そんな中、ふと思い返すと 交換留学生向けに配られた「B5」サイズの手帳が。

「こんな事務的に配られたお土産風手帳なんて使わねーー」

とか、当時の私は思っていましたが、
中を開いてみると、おおっ! 1ページで1ヶ月を見れるではありませんか!
サイズは今の「A4」と比較すると小さいんですが、
それでも日本から持参した二つ折りの手帳よりは数倍、いや数百倍は書くスペースがあります!



「これだ!!ついに出会えた!! (涙)」



それからは物事が上手く進むようになりました。
1ヶ月の予定をひと目で、しかも視覚的にも分かり易く把握出来る為、
宿題を忘れないようになったのは勿論、何事も俯瞰的に取組めるようになったんです。


「えーっと、今月は30日にAcademic Writingのtestがあるから、
20日までにtextを熟読して、25日に一度模擬試験をやって・・・」みたいな感じ。



これ、1ページに一週間しか書いていない手帳では ちょっと難しいですし、
書ける内容も限定されてしまう為、思う通りに機能しません。
まぁ、万人にそう言える訳ではありませんが、私にはムリでした。






・・・って、A4サイズの手帳を使い出したきっかけだけで
かなり長文になってしまいました (笑)


この記事の冒頭で、
「一般的な手帳は正直使えない。ただの時間管理する為だけだから
と申したくらいですから、私は手帳における「時間管理 + α」の機能を最大限に活用しています。


これに関しましては また別途ご紹介したいと思います!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>