離職期間中のお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

1

ラジルのお肉。名前は何でしたっけ? 先日のインターナショナルスクールでの学園祭で食しました。えーっと、ヘビーな経験に憧れていた私が、実際にヘビーな経験をすることになった話のPart 2 です。

まぁ色々ありまして、私は転職先が決まらないまま退職」をするという道を選びました。退職したのが2010年06月末。07月以降はどこの会社にも属していません。それまでに続けていた転職活動を引き続き行い、納得したところに転職するのみです。

結論から申し上げますと、転職先が決まったのが 大体2010年08月の終わり頃今の会社への入社日が09月01日から、と思っていましたが、会社都合で10月にして欲しいとのことで、結果的に離職期間は3か月間となってしまいました。この頃の私は本当に心が折れそうな毎日を送っていました。




朝8時に起床。


9時過ぎになった時点でカフェベローチェへ行き、
応募企業の状況を纏めたり、職務履歴書を推敲したり、

次の面接に備えて口頭で練習を行ったり、

応募先の企業情報を収集したりと。



あ、ちなみに09時以降にベローチェに行っていた理由は、

9時前だと、サラリーマン・OLでベローチェ付近が込むんです。




そんなスーツ姿の人たちに紛れると、

私服の自分を自然と蔑んでしまうので、
彼ら彼女らがいなくなった後に
意図的に通っていました。




でも午前中はまだいいんです。

言っても近所のおばちゃんたちがくっちゃべっているだけで、

私の転職活動も順調に進むので。




しかし、11:30あたりになると、

周囲のサラリーマン・OLが

わんさかわんさかベローチェに押し寄せるんですよ!



もう何と言うか精神的にキツイ。



そう考えてしまうのは、

私の中に原因があるのは理解しているんですが、

どうしても「自分は仕事をしていないヤツ」

っていう風にとらえてしまうんです。





もっと言ってしまうと、

「社会から切り離されている感」みたいのがありました。



こんな精神状態の中、転職活動をするんですから、

「自分が望むような会社に転職したい!」という意識よりも、

「早く転職したい!」って言う意識に

勝手にシフトチェンジしちゃうんですよね。


人間って弱いんで、やっぱりこうなっちゃうんです。




で、そんな状況の中で昼食なんて食べらないので、

コンビニでお弁当を買って 家で食べる。


別にそんな大したことには聞こえないかもしれませんが、

それまで毎晩遅くまで仕事をしていた私にとりましては、

何と言うかやるせない、情けない気持ちでいっぱいでした。




昼食後にもう一度ベローチェ。

そして夕方の5時くらいまで、転職活動の準備をしたり、

英語の勉強をしたり、IT関係の勉強もしました。





もうとにかく必死。


何とか早く、自分の希望する会社へ転職をしたい一心でしたね。



この頃には 既に英検1級を取得していましたので 狙いはTOEIC.

以前にもブログ内で紹介しましたが、

三井物産や伊藤忠らへの転職には 最低限でも730点が必要でしたから。


(当時の私はIPテストのスコアしか所持していませんでした)




それまでの私の考えは、

「TOEICなんぞ意味無い!英検1級もっているヤツこそ英語力を示せるんだ!」

っていう考えだったんですが、まぁー転職活動においては、

英検1級って評価されないですからね。



ブルームバーグの人事の担当者くらいでしたよ。

「おおっ! 英検1級お持ちなんですか!」って。




でもそれ以外はみんなTOEIC.

これまた結構辛かったですね。


それまで死に物狂いで続けてきた英検1級が全く意味を為さないってことに。




で、結局50社くらいは応募して、面接まで辿り着けたのが15社程。

あとは全部書類でアウト。



私もそれまでの業種とは別の業種への転職を希望していたことから、

「経験値が無い」って言う理由で落とされることなんか普通にありました。




で、この「不合格通知」ってのがまた精神的にキツいんです。

何と言うか、自分そのものを否定されたって感じで。




もちろん今となればよく分かるんですよ。

経験が無い人間を中途採用で採って、即戦力になるか?って聞かれたら、



・・・なりません。



そりゃそうです。そんな茨の道を選んだのは自分ですからね。


それでも毎日のように転職エージェントから

掛かってくる電話にビクビクしていました。



「Koさん、すみません・・・。今回はご縁が無かったということで・・・」



まぁ、書類選考で落ちるならまだマシですけどね。

最終まで行って、しかも1ヵ月くらい私を待たせた挙句、

「不合格通知」ってなると、

怒りを通り越して、神経レベルで落胆していました。




完全に自分に自信なんか持てません。

自分はダメ人間で、社会の役になんかたたないって思っていました。



周りの友人との連絡頻度も落ちてきます。

こんな自分だと話すことも出来ません。




・・・とまぁ、こんな生活を送ること約2か月。



私は、最終的に3社 (大韓航空・ロイター・今の会社)から

無事内定を頂くことになったんです。



その辺の話はまた後日。改めてしたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>