情報収集が上手い人の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2

Windows 8が盛り上がっていますね!どうも、Mac ユーザーのKoです。先日、初めて「中津のからあげ」を食べる機会がありました。あっさり塩ガーリック味で、外はカリカリ中身はジューシーで、大変美味しく味わえました。さて、最近 読者様から 「Koさんは、情報収集ってどうしていますか?」っていうご質問を頂戴しております。

これは「TOEICを学習するに当たって、その教材を」という意味のみならず、物事全般に対しての意味です。私もそこまで情報収集が得意とは自覚しておりませんが、自分なりの鉄則・ルールは持っています。

それは、「成功している人・自己実現をしている人を模倣する」という内容に集約出来ちゃうんです。



例えば、


現状のTOEICスコアが700点の人が、

TOEIC900点を 2012年09月までに取る! と同年01月に宣言し、

手持ちの情報無しの状態から情報収集を行い、

先日の09月TOEICにて、

無事900点を取ることが出来た人の情報収集方法と、



かたや、取ることが出来なかった人の方法、を比較した場合、



私は前者の方法を参考にします。




で、こういう人たちのお話しを聞くと、

皆さん、ずば抜けて「運がいい」んですよね。



・・・何か話がとんでもなく飛躍した感がありますが。







ことごとく選んだ教材や、時間管理の方法、

更には勉強する場所、単語の暗記方法などが、

結果 (= TOEIC 900点)に繋がるんです。



まぁ、本人の努力と言ってしまえばそれまでですが・・・。




ただ、上述の例で言えば、200点のスコアアップを

8ヶ月間で為し得てしまう、っていうのはちょっと凄すぎますよね。



で、これは本人の努力や実力 + αが作用しているように感じるんです。


これはTOEICに限らず、理想や希望を意外にすんなりと叶えてしまう人、

つまり自己実現をしている人の一つの特長であり、

その + αが 「運」だと感じたってことであります。






でも、よく考えてみると、

の「運」を引き寄せているのも本人なんですよね。


この類の話は 昔からよくありますけど、

勉強場所や時間管理術、教材チョイスまで、

上手い具合に取捨選択し、多くの情報を収集した上で、

最終的に自分の判断基準で決断する。


こういった基本的な「情報収集スキル」がある人の場合は、

必然と運がよくなってきて、結果的に自己実現をしちゃうと。





何だか完全に精神論になってしまいましたが (笑)、

私はそういった人をマネします。





で、自分で行動してみます。

で、ダメだったらアウト。成功したらOK.



教材レビューとかもありますけど、あれは他人の主観ですので、

私はあんまり気にしません。





レビューを読むのに2時間も3時間も掛けるくらいでしたら、

自分で買ってやってみます。




そこで感じたことや、上手くいかなかったことこそが、

自分の中の判断基準になると思うんです。




昨今では、「情報収集 = 口コミ・レビューを読む」

みたいな錯覚が起ってしまっていますが、

誰しもが「他人の指標」で物事を計っていたら、

いつまでたっても「自分で判断・決断をするスキル」を身につけることが出来ません。





いや、まぁ多少くらいなら参考にしてもいいですよ?

でも、行動するのはあなたなんですから。



他人から「この人と結婚すれば?」って言われて、

「じゃあ、周りが良いって言うから結婚しようかな」

ってならないでしょ??





経済のグローバル化が発展している一方で、

日本人のリーダー人材が少なくなってきていると言うのも、

意外とこういったことに起因しているかもしれません。




ただまぁ、私も含めた20代なんかは 単純に経験値が少ないので、

判断基準を他人に求めてしまうことは 幾らか仕方ない側面もあると思います。



だからと言って、いつまでもその状態でいることはダメ。


さっさと 「はぐれメタル」とか「メタルキング」とかを倒して、

経験値を積んでレベルアップしないといけないんですよ。





と言う訳で、情報収集のスキルは一日、二日では身に尽きません。

まずは、「自分で行動」してみて、「自分の率直な意見」を持つようしましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>