インターナショナルスクールの学園祭。スギちゃんニアミス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

4

んばんは。海外駐在が徐々に遠のいていく最近のKoです。出張も全然行けないし・・・ブツブツ。えっと、少し前なんですが、近所のインターナショナルスクールの学園祭に行ってきました。何と言うか、日本の学校の学園祭とはやや毛色が異なり とても国際色が豊か。アジア人はもちろん、インド人系や欧米の父兄に生徒さんと、そこはまるで日本ではなく、異国の地のようでしたね。

こういった環境に積極的に身を置くことの最大のメリットとは、


英語学習を継続する上で、

モチベーションを上げられることです。



特に英語のスキルの中でも、スピーキングに力を入れている人には、

英語を使う機会に溢れていますからね~。



一方で、TOEICだけを頑張っている、

つまり、総合的な英語力 (スピーキング・ライティング・

リーディング・リスニング)ではなく、あくまでも

TOEICのスコアアップを目指している人にとっては、

そこまで響かないのかもしれません (リスニングくらい?)。



ちなみに、どんなお店や催し物があったかと申しますと、



・ ブラジルのお肉のお店 (以前に写真を載せました)


・ インドのカレーのお店


・ フィリピンのお肉のお店


・ ハワイアン料理のお店


・ 韓国料理のお店


・ ちゃんこのお店


・ 父兄の手作りお菓子のお店


・ お化け屋敷


・ バザー


・ Raffle


・・・などなど。



あと、ダンスパフォーマンスやブラスバンドなんかもありましたね~。

更には、スペシャルゲストとしてスギちゃんも登場!



ま、時間前になったらステージ周りが大変混雑していて、

結局私はスギちゃんを見ることなく帰りましたが (笑)



とまぁ、日本の誇れる文化 (スギちゃん & ちゃんこ)も最大限に示しつつ、

世界各国の文化を日本にいながら味わえたので満足です!



ちなみに、インターナショナルスクールに関してちょこっと調べたんですが、

都内だけでも これだけのスクールがあるんですね。驚きました。



・ Sophia International School (豊島区東池袋)


・ Axis Kichijoji International School (武蔵野市吉祥寺)


・ Rivendale Montessori School (渋谷区広尾)


・ Gregg International School (目黒区自由が丘)


・ Inter Pacific High School Japan (武蔵野市)


・ International Secondary School (港区三田)


・ The Montessori School of Tokyo (港区麻布)


・ Tokyo YMCA International School (江東区東陽)


・ Seisen International School Tokyo, Japan (世田谷区)


・ Canadian International School (品川区北品川)


・ The British School in Tokyo (渋谷区渋谷)


・ International School of Secred Heart (渋谷区広尾)


・ Aoba-Japan International School (目黒区)


・ New International School (豊島区池袋)


・ St. Mary’s International School (世田谷区瀬田)


・ Chritian Academy in Japan (東久留米市)


・ Nishimachi International School (港区元麻布)


・ The American School in Japan (調布市)


・ Tokyo International School (港区三田)




今年はこの週末から学園祭ばっかりでしょうから、

週末に何とか時間を確保して、思いっきり刺激を貰ってきましょう!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>