速読力と妄想力を兼ね備えている人以外は700点以上は100%取れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

さてさて、Listening Partにおけるスコアアップの方法を、その傾向・構成・心理的要素を踏まえた上で公開したいと思います。

・・・とその前に、Reading Partと同じく、

各Partの対策ではなく、Listening Part全体においての心構えをお伝え致します。

Listening Partで今よりもスコアアップする為には、

問題を素早く読み、一瞬で内容を理解する『速読力』と、

その内容を基に、どんなストーリーが流れてくるかを一瞬で考えることが出来る『妄想力』、

以上2点が必要です。

これ、900点以上取っている人は全員持っていると思います。

逆に、一生これらを身につけることが出来なければ、

毎回、5,565円を無駄にしてしまっているだけです。

・・・・どういう意味?

・・・ご説明致しましょう。

速読力は主に Part 3と Part 4に必要で、

妄想力は、Part 1 から Part 4 まで、全てにおいてスコアアップの為に必要な能力です。

個別のPart での使い方は別途公開しますが、

簡単に言うと、問題用紙に描かれている『絵』、それと『問題文』、

これを如何に一瞬で読み上げるかによって、

考える (= 答えを導く) 時間を少しでも稼ぐ』ことが必要なわけです。

そして、答えを導く際にも、

「さぁ、答えを探すぞ!」とゼロから選択するのではなく、

「事前に妄想していた回答以外の選択肢の正当性を検討する時間を稼ぐ」のです。

「・・・いやいやいや、Part 2には活かせないんじゃないの?」




「Part 2 には絵も無ければ問題文や選択肢もないよ?」

・・・活かせます。 

とにかく先の展開を読むに読みまくって、

回答を導くに至るヒントを使い、マーキングする為の時間を稼ぎまくるのです。

詳細は別途公開していきたいと思います。

まずは、「意識付け」です。

とにかく、「速読力」と「妄想力」を一刻も早く身につけて、

現在よりもスコアアップする!と自分の中で認識して下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>