外資系営業マン Koの仕事風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

5

楽坂の「伊勢藤」という居酒屋に行って参りました。当社役員とです。この店、「THE 神楽坂」なお店でして、こういうお店は生涯初でした。何と言うか、江戸時代にタイムスリップしたみたいな感じで、出てくるメニューは日本酒と、それをつまむ一品だけ。

とても20代の人間が行くようなところではないと、大変恐縮してしまいました。(写真が暗いのは私のテクニック不足とかではなく、単純に店内の明かりが暗い為です)

さあさあ、本日は第174回TOEICの結果がネットで発表されました!Koのスコアは

・・・915点!



・・・中途半端。


まぁ、予告テロがあった会場で受験するという

とんでもない状況の中でのTOEICでしたから、

これくらい取れればよしとします。


まだまだ発展途上ってことです!




えっと、本日は私の最近の仕事に関して。

当社は12月決算ですので、営業マンは既に今年の落とし所 (営業成績の最終着地点)を、

上司に報告を始め、2013年度の年間予算の策定に入っています。






だいたい、来年度予算の組み立て方って、前年度の120%くらいで作るんですよ。
簡単に言っちゃうと、前年が100億円だったとすると、120億円で。


で、だいたい105%くらいで着地するんです。



こうやって毎年5%くらいの規模で成長を遂げていけば、
会社としては「まずまずな感じで成長しているな!」って考えるんですよね。

ま、当然 会社や営業マンによっても考え方は異なりますが。





そんな中、私は大変めんどくさい状況に陥っています。


何かと言いますと、
2013年にインドネシアに現法を作るべく動いているということ。

このブログでもちょいちょい触れてきましたが、
この話、一応今もまだ続いております。





が、なにせ話の進展が遅い。





私は一担当者として、結構色んなことを上に上げているんですが、
上が動かないんですよね。

本人らからしてみれば動いているんでしょうけど、
そのスピードが外資系とは思えないくらい遅い。




そんなこともあり、最近では海外出張にも行けない状況が続いているのです。



「Ko, 君は目先の仕事は力入れなくていいから、
取り敢えずインドネシア現法設立に注力してくれ」



みたいなことを言われたものですから、私はそう動いているんですけどね・・・。


一方で、このタイミングで各営業マンが考えなくてはいけないのがもう一つ。
3カ年計画」です。




つまり、2013年、2014年、2015年の方向性を示せ、と。



あんまり公開していいような内容ではないと思いますが、
現状、当社ではこんなことを考えています。



2013年 インドネシアに現法設立

2014年 ベトナムに現法設立

2015年 インドに現法設立




これに向けて、何をどうやって、数字をどう組み立てるか、みたいのを
会社に提出しなきゃいけない訳ですな。11月中に (笑)



読者の方からも、「最近、海外出張話がないですね?」っていう
ツッコミも頂いているんですが、
こんな状況が主な理由で行けていないんです (泣)



東京は寒くなってきたんで、こういった時こそ
アジアでゆっくりとしたいんですけどね・・・。




と言いつつも、12月の1周目に 年内最後の出張として、
KLに行ってこようと思っています。

ツインタワーとかめちゃくちゃ綺麗ですからね。
イスラムの国のクリスマス風景を見てみたいです。



話がまとまらなくて恐縮ですが、「相談・質問メール」は、
私の職務内容の事に触れて頂いても全然構いませんので、
もしも聞きたい事などあれば どしどしメールを下さい!!



お答えできる範囲でお話しさせて頂きます。


Koのメール相談 ⇒ http://bit.ly/PIMPO6

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>