やる気を起こす電子書籍を無料で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

6

ナコで買ったフリスク。ちょっとデザインが違う?さて、読者様から頂くメール相談ですが、聞かれる内容で最も多いのが、「どの教材がいいか? / 私に適しているか?」なんですね。そして、それに次ぐのが「モチベーション上げたい」系。

『英語を話せるようになりたい!』

『TOEICで900点取って、外資系に転職したい!』

『英字新聞をスラスラ読めるようになりたい!』

っていう、英語を学習するきっかけは持っていらっしゃるんですが、その気持ちが長続きしない、っていうご相談ですね。で、その中の7割くらいの人が嘆いていることが、平日 勉強出来ないってことです。




私のブログの読者様は圧倒的に社会人の方が多いと思いますので、
平日は当然会社に通い、英語の勉強はその前後にするということになります。



そして、会社が終わって家に帰るのが、夜の21時・22時くらいになってしまうと、
とてもじゃないけど、そこから英語に費やす時間も無い
気力も無い、っていうかまず寝たい、などと皆さん悩まれている模様なんですね。



私と致しましては、「すき間時間で勉強!」と謳っている以上、
こういった悩みは大歓迎です。




でも、ちょっと申し訳なく感じてしまうのが、
最終的には「その人の気持ち次第」っていうアドバイスしか出来ないんですよね。



んーっと、だいぶ端折って結論を述べてしまいましたが、
つまり、その人がどれだけ「努力の最終目標」を意識出来ているか、
つまり、TOEIC900点の実現をどれだけ強く意識出来ているかに
依存してしまう箇所が本当に多いんです。




いや、そこまでの説明は色々としますよ(笑)、
でも、結局マインド変えて貰って、行動を変えて貰って、
習慣を変えて貰って、性格を変える、みたいなところに落ち着くんです。




当然そこ (= モチベーションを上げること)にテクニックは存在しますけどね。

英語勉強したくないな~、って時に
この音楽を聞けばやる気が復活する、とか
息抜きでこれをすれば、その後は単語を暗記しやすくなる、とかです。





私はモチベーションアップの専門家ではありませんが、
この世界で恐らく一番効果があると言われているのは、
パワーがある人・モノ・コトと触れ合って、そのパワーを貰う、
ってことだと思っています。




ちなみに私も パワーがある人にはどんどん話をさせて貰いますし、
その結果、自分にパワーを分けて貰い、行動もそこそこ出来ていると自負しています。



で、この辺のことをこと細かく説明したいんですが、
ロジカルに上手く説明出来ないので (スイマセン)、
それをしてくれている電子書籍をこちらにご紹介します。

無料で読むことが出来ますので、
「モチベーションのコントロール」や
「やる気の引き出し方」を知りたい方は是非ご覧ください。



⇒ 東大家庭教師が教えるやる気を引き出す方法
  書籍の販売は終了致しました



電子書籍ですが、PDFで読むことが出来ますし、
何より演習も含まれていますので、ただ読んで終わりということにはなりません。



常に「この電子書籍を読んで、あなたはどうしますか?」
ということを考えさせるような仕組みとなっておりますので、
大変実践的な電子書籍だと思います。


宜しければ 是非一度お試し下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>