パナソニック。2011年 理系が就職したいNo.1 企業。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

1

Panasonicの「TOEIC導入事例」が TOEIC公式HPに記載あります。

その中で、「海外勤務者は650点以上」ですって。会社としてTOEICに取り組む理由は、

グローバル人事戦略を強化する上で欠かせない、コミュニケーション能力の質的向上に貢献出来る為』だそうで。・・・ふむ。

やや疑問はありますが、最近のグローバル企業の傾向ですから、これはこれで受け入れるべきだと感じています。それにしても、650点で海外勤務ですか・・・。

で、そんなP社の国内工場に先日行って参りました。写真は新幹線の中で食した牛すき重です。中身は明日の記事でアップしますね♪

改めて言うのもなんですが、同社は2013年3月期の業績予想を7,650億円の赤字と発表しました。



私は同社の海外工場とお付き合いがあるので、

多少なりの情報が入ってきますが、やっぱり価格競争が激しいんですよね。




コストを下げようとしても、最近のアジアの人件費は年々高騰していますし、

もはや削るところなんてないのが現状だと思われます。




ちなみに、日本の月額賃金を100としたとき、

アジアの賃金ってこんな感じなんです。


* 製造業、一般技術者の場合。





 シンガポール 33


 タイ     7.5


 マレーシア  9


 中国     11.5


 ベトナム   3.4


 インドネシア 5.5


 フィリピン  8.5




・・・何コレ!? 超安いじゃん!?





って思われるかもですけど、これでもだいぶ上がってきたんですよね。



こういった「一般技術者」の場合は このレベルではありますが、

いわゆる現地採用の営業職ともなると、その賃金は更に上がります。





しかも、最近では「日系企業への就職」を見越して、

大学で日本語をバッチリ学んできた現地人も多数見る機会も増えてきました。

当然ですが、現地語 + 日本語を話せると、単純にお給料を高く貰えます。

そういった人材は海外の日系企業からすれば魅力的ですからね。





こういった具合に、アジアの労働力も

日本人と肩を並べるレベルまでそのスキルを身に付けておりますので、

アジア人が在日本の企業に就職することも今後更に増えると思います。






まぁ、既にありますからね。そういう企業。





ローソンとか、ソニーとか。

あと、パナソニックも。





今は隣に普通に日本人の同僚が座っているかもしれませんが、

突然その人が解雇となり、

ある日から外国人が座っているなんてことが普通に起こるかもしれません(笑)





とにかく、TOEIC 900点はささっと取ってしまい、

取り敢えず「英語は問題ないです!」と堂々と宣言出来る人材になっちゃうべきですね!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>