フィリピンへ語学留学を考えたことがないあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

??

ラペチーノドリンク。留学中にWal Martで買いました。中身は全部飲んだんですが、スタバマニアとしては「空き瓶を綺麗に洗って保管し、飾っておく」と言うおかしな行動をしてしまうんですよね。

あ、右の方に「TOEIC 730」って見えます!この頃は730点を目指していたんですね。

まー、アメリカ留学は、かつての私の夢でありまして、実現出来たことは、大きな自信となりました。なんですかね。海外に行って、色んな行動を取ると人って自信を得るもんなんですかね。島国育ちの日本人だけですかね?

で、かつての私のように、最近海外へ留学をして、多くの経験・自信をつけて帰ってきた友人がいます。



その友人とは、異業種交流会で出会いました。

ちょっと小太りな見た目とは違い (←失礼)、

実はバイオリニスト

コンサートに招待して貰ったこともあります。





でも、本職は学習塾勤務の宣伝マンという、

非常に興味深い人物なんですよね~




そんな彼が最近フィリピンのセブ島へ

10日間語学留学をしたんです。



35歳の彼はこれまでの人生で「英語」や「外国」とは

縁の無い生活を送っていました。





異業種交流会においても、

「Koさん~、英語教えて下さいよ~」

っていう感じのノリでしたから、そもそも英語には興味が無いような印象でしたね。




しかし、たまたま資料請求した語学留学のパンフレットを読んだ彼は、



「遅くなる前に留学経験をもっておこう」


と考えそのままフィリピンへに飛びました。






いやー、この時はびっくりしましたねー。

実は「友人」と言いつつも、1ヵ月に1回連絡を取るかどうかくらいの仲でしたので、

近況を知る術としてはFacebookしかなかったんですよ。



で、たまたま彼の近況を見たら、

「明日、セブに行ってきます!」って。





・・・本当にびっくりしたのを憶えています。

これだけ気軽に留学出来る理由は、以前と比べて費用がかなり下がったり、

アメリカとかイギリスではなく、

フィリピンという地理的に近いアジアの国への留学だからでしょうか。




しかもマニラではなく、セブ (!)ですからね。

絶対楽しいですよ。



私も商社マン時代に「(仏の会社の)代理店会議」という名目で

セブのShangli La Hotel Cebu に泊まりましたが、

正直楽しくて楽しくてたまりませんでした(笑)





ちなみに、彼が留学した先は、

フィリピン政府公式認定の語学学校だったそうです。




と、色々と彼の留学情報を話してはいるものの、

実はまだ帰国後会っておらず、これらも全てFacebook情報です(笑)




そこで、彼はマンゴーやらココナッツミルクやらを食していましたので、

そりゃーもう、楽しかったんでしょうね~。

コメントを読む限り、彼の人生観は変わったように思えます。





35歳という、世間的にはちょっと遅いともされる年齢で、

語学留学とは言いつつも、海外へ勉強をしに行った彼にエールを送りたいです。




尚、私は参加する予定はありませんが、内容を把握すべく

上述の「フィリピン政府 公式認定の語学学校」の資料請求をしてしまいました。




恐らく行くことはないと思いますが、

2012年時点でどんなプログラムがあるのかを自分の目で確かめたかったんです。

(まだ、資料が届いていません・・・)




最近はオンライン英会話でフィリピン人の先生と話したりと、

英語の先生として「フィリピン人」が注目されていますからね。





参考までにURLはこちらです。




⇒ フィリピン政府公式認定 語学学校NILS




「フィリピンへ語学留学なんて考えてないし~」と言う人には、

是非一度プログラム内容を知って頂きたいと思います!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>