Part 5 を勉強する人が多いワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

5

座を歩いていたら、新党改革の代表を見かけました。・・・でも後ろ姿しか撮れず (泣)

さて、相変わらず私の周りではTOEIC人気が圧倒的で、英検を勉強する人、TOEFLを勉強する人って稀なんですが、TOEICを勉強している人の中の、半分くらいの人がPart 5 を勉強しているんですよ。

なんでかな? と思い考えてみた結果、自分なりに仮説、というか理由が見えてきました。



えっと、理由は2つあると思いまして、

一つ目は、


「勉強した分、スコアに反映させ易いから」かと。





Part 7 と違って、1問当たり数秒で解き終わるPart 5 ですから、

勉強するのは基本的に楽だと思われます。

5問解いたって、1分とか2分程度。




一方で、Part 7 のDP問題を解くのも、合計で5分~7分くらいですので、

そんなに変わらないような気もするんですが、

「答え合わせ」に掛ける時間が、Part 5 の方が圧倒的に少ないと思います。




つまり、TOEIC学習者にとって、Part 5 を勉強することは楽なんだと思います


楽だから、いっぱい勉強する。いっぱい勉強するから、知識も増える。

知識が増えるから、スコアもアップする。

スコアがアップするから、モチベーションが上がり、更に勉強する。





こんな感じの深層心理が働くから、Part 5 を勉強する人が

多いんじゃないかなぁ~って思うんですよ。




で、もう一つの理由なんですけど、


「既に多くの人がPart 5 の学習スタイルを確立しているから」

だと思うんです。





もっと分かり易く言うと、Part 5 のような問題って、

中学校・高校の英語の試験で経験しませんでした?

きっと、殆どの人が経験していると思うんです。




とうことは、

「どうやって勉強すればいいか」を知っていると思われます。

試験対策をしているはずですからね。




一方で、Part 4 とか、Part 7 のような試験問題って、

中学・高校の英語の試験でありましたかね?




ま、中にはあった人がいるかもしれません。

が、圧倒的に Part 4 や 7 は、「TOEICオリジナル」な感じがします。




ということは、対策を知らない。

どの方法が適切で、どういう教材を使ったらいいか良く分からない。

っていうことなんだと思うんです。






対策の仕方を、経験上知らないということは、

新たに自分なりの対策を確立しなくてはいけませんよね?

(中には、ただただ参考書に沿って勉強する人もいるかもですが)





で、その「対策を確立」って、大多数の人にとっては、

「面倒くさい作業」なんです。さっきの楽の真逆。





その点で、Part 5 は対策なんて考えなくていいんです。

だから、さっと取り組める。




・・・と言う二つの理由と言うか仮説と言うか、を考えてみました。




まぁ、考えたから何?って感じですけど、


見方を変えれば、


「世の中の人は、Part 5 を集中的に勉強しているから、

自分はPart 7 に力を入れて、そこでスコアを稼ごう!」


っていう差別化も出来ますからね。




ちなみに私のメルマガもやっぱりPart 5 対策です(笑)


⇒ http://bit.ly/PA2Who



やっぱり学習アプローチが楽ですからね。

万人に受けることは間違いないと思います。



でも、結論的には、

Part 5 だけでなく、その他のPart も

万遍無く勉強するのが理想ということなんだと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>