英語を活かした転職でキャリアアップを考えているなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 150

2

ビルのクリスマスツリー。この日はプロジェクトマッピングがあり、半端ない人が押し寄せていました。

さて、この丸ビルにも入居しているインテリジェンスを使って、現在の会社に転職をしたKoですが、同社の転職サービス DODAを利用した際に、ドキッとした言葉を突き付けられたのを記憶しています。

当時の私と言えば、「英検1級持ってます。英語を使って仕事が出来るのがアピールポイントです」の一点張り。DODAの人にも、先ずそれを説明しました。

が、転職エージェントの 私に対するアドバイスは違いました。

『Koさん、英語もいいですけど、英語を使って、


 海外の会社と日本の会社の折衝をした経験を


 押し出した方が武器になりますよ



・・・



・・・


・・・うっそーー!!??




とんでもない衝撃だったのを覚えています。

だって、それまで多くの時間を割いて英検1級の勉強をしていましたし、

それを十分に転職でも活かせると思っていましたので。





でも、エージェントから言わせれば、

それよりも折衝経験の方が価値あると・・・。



なんだかとっても複雑な気持ちになりましたね。

「もっと英検1級を評価して下さい!」っていう感じでした。





もちろん、英検1級も価値あるとは言って頂きましたが、

私の折衝経験を押し出すことで、

「自然と英語でコミュニケーションが取れる」ことを

暗に示すことが出来る為、無理に「英語・英語」となる必要はない

ということでした。





こういうことって、その道の人に聞かないと分からないんですよね。

自分では「価値が無い」と思っていた経験やスキルが、

思いのほか必要とされている事だったりします。




その他の例では、「大手企業との取引経験」が

アピールポイントになるということも意外でした。




新入社員の頃から、普通に 三菱重工業・東芝・

日立・IHI・川崎重工・三井造船などと仕事をしてきましたが、

この経験が転職時にアピールポイントになるなんて全く考えていませんでした。





この時当たりからですね。

私の中で「自分のアピールポイントは英語以外にもある」

強く認識するようになったのは。




圧倒的に時間を割いてきたのは英語の勉強でしたので、

「自分が進む道は英語関係の道だ!」

って勝手に決めつけていましたが、転職エージェントの方に、

「あれもこれも強みになります」なんて言われると、

そっちの可能性もあると思えてきます。





ま、転職エージェントですので、基本は転職させてナンボの世界。

「強みはありません」なんて言う筈もないんですけどね。




ただ、自分が認識出来ない長所を指摘頂いたのは、

大変有意義で後の自信となり、キャリアアップを考える上で、

選択肢を増やすことが出来たと思っています。




あなたも英語 + αの部分を見出すことを

2013年における最初の行動としてみては如何でしょうか?



⇒ DODA by インテリジェンス

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>