今、電子辞書が再びバカ売れしている理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

4

肉トラジでの忘年会。大学のゼミ生での集まりでした。さて、会社員の方はボーナスも支給されて、英語学習における自己投資を出来るチャンスでもあると思います。

そこで、検討したい自己投資の一つが「電子辞書」ですね。最近、どうしてか私の周りでは電子辞書を買う人が多いんですよ。

なんででしょうか? たまたま?

で、このブログに初めてアクセスされる方の中でも「電子辞書 TOEIC」とか「電子辞書 英語」という検索キーワードで辿り着いている人が毎日大勢いるんです。

更には、読者様からの「英語学習相談」でも、「どの電子辞書を買ったらいいかアドバイス下さい」というのが結構多いし。

こんな状況から、「今、電子辞書が売れている」と思った次第です。

で、電子辞書に関するアドバイスを私が求められた際、必ず申し上げているのが、




「すみません。電子辞書は詳しくないんで、

 あんまり大したこと言えません」




・・・です。








私は人生で電子辞書って3つしか持ったこと無いです。

高校生の頃、大学生の頃、で、

今使っている社会人の頃に買ったやつです。



ですので、電子辞書は英語学習においては必須アイテムではありますが、

人様にアドバイス出来るレベルかと聞かれれば・・・。




と言うことで、あんまり大したことは言えません (スミマセン)。





ただまぁ、今のセイコーインスツルの電子辞書は、

結構こだわりを持って決めましたけどね。




英検1級を取る為に、収録単語数が 当時No.1の電子辞書を選びましたからね。

確か価格も5万円くらい。

ヨドバシアキバで買ったのを覚えています。





ちなみに、私のTOEIC模擬試験メルマガに登場する

TOEIC Part 5 の問題もこの電子辞書の例文をそのまま使用しています。

結構、例文の質も良いんですよね。





ですので、まぁ私から言えることは、

「セイコーインスツルがお薦め」くらいであります。

説得力が無くて申し訳ないです。






で、早速調べてみました。セイコーインスツルの電子辞書。


そうしましたら、2013年1月末に 「上級英語学習者向けモデル」と、

「エンジニア/ビジネスパーソン向けモデル」の2種類が出ると!



これ ↓




        



どちらも電子辞書では最高レベルの六大英和辞典を収録されているようで、

前者は専門用語や例文のひな型など、

国際ビジネスで必要な英語系コンテンツを収録しているとのこと。




で、後者のモデルは、三大英語学習英英辞典とTOEIC/TOEFL対策の

テキスト集を豊富に収録しているとのことです。




うーむ、実際に使ってはいませんが、ちょっと試してみたいですね・・・。







ちなみにオープン価格ではありますが、実勢価格は・・・

前者が\50,000前後、後者が\55,000前後の見込みだそうです。


・・・たっかーーーいっ!!








って言うか、私が今の電子辞書買った頃と比較して、

全然変わってないし・・・。

こういうのって、普通3年くらい経ったら安くならないんですかね?





ま、今 電子辞書を持っていない方、若しくは

持っているけど、古くて物足りないので一新したい方は、

是非一度ご検討してみては如何でしょうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>