丸紅くん『おたくのコミットメントをフィールすることができませんよ!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEICで900点を取る為にはどれくらいの単語を覚えればよいのでしょうか?

この業界で経験ある人に言わせると、約15,000語くらいあれば十分とのことです。

既に550点レベルをクリアしている方でしたら、5,000語くらいは頭に入っていると思われます。

ですので、あと10,000語ですね。

TOEIC専用の単語集を買って、毎日頑張って暗記しましょう!

・・・。

こんな感じでTOEICのスコアアップの為に単語を覚えている人っているんでしょうか?

いるでしょーねー。何を隠そう過去の私もこんな感じでしたから。

英検1級を勉強していた頃は本当に単語ばっかり暗記していました。

なんせ出てくる単語がまー分からないこと。

でもね、TOEICってそこまでする必要ないと思います。

もともとビジネス英語に関する設問が多いせいか、

いわゆる学術的な単語や古めかしい単語って殆ど出てきませんよ?

ちなみに、出てきたとしても設問の本筋には間違いなく関係ありません。

コレ、TOEICの常識です。

その難解単語に惑わされないよう注意して下さい。

ですので、ビジネス英語、つまり外国人と仕事する時に出てくるような単語を覚えてしまえばいいわけですね。

まったく、海外の企業とやり取りする仕事に就いていない人にとりましては実践的ではないですが、

学術単語と違い、はるかに使用頻度はありますので、何らかのチャンスで使える表現ばかりです。

例えば、”place” an order、”issue” a Purchase Order, “make” the appointment,

Thank you for your “keen” attention, Your comment would be “appreciated”・・・などなど。

決して難しくないですし、意外と実用的な単語です。

これらの実用的な単語を、「単語集で無理やり暗記」することは非常にもったいないです。

日常業務で英語を使用する機会の無い方は、毎日自分が行っている作業を英語で話せるよう、

頭の中で復唱するなり、分からない表現があれば調べるなりすれば、

自然とTOEICでスコアアップに繋がる単語は身に就いているはずです。

当然、優良単語集、暗記するコツ、暗記する時間の使い方など、より実践的な単語力向上の方法はあります。

しかし、TOEICの本質を考えますと、ビジネスの場で使用される言葉・表現を、

日常業務を通じて頭に入れてしまうことが最も手っ取り早く、かつ大幅なスコアアップに繋がると、

私は強く思っております。

ちなみに、以前にいた会社にて、丸紅と仕事する機会があったのですが、

とある人の喋り方が面白すぎてツボでした。

私が直接聞いたわけではないのですが、私の先輩とのやり取り ↓

(先輩) 「今回はこれでいこうと思うんですが」

(丸紅くん) 「・・・」

(先輩) 「如何でしょうか?」

(丸紅くん) 「すみませんが、おたくのコミットメントをフィールすることが出来ませんよ!」

(先輩) 「・・・は?」

(丸紅君) 「色々とインボルブさせて頂いていますが、トータルで難しいですね」

(先輩) 「・・・えーっと (何を言っているのかな?)」

私の所属していた部署も海外関係でしたので、この手の和文 + 英文会話は自然と出てしまいますが、

流石丸紅 (笑)

いわゆる商社マンのレベルは半端ではないと感じました。

* ちなみに丸紅くんは私の2つ年上でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>