インドネシアの洪水 / リアルタイム情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ャカルタの洪水がヤバいです。

私の担当テリトリーに入っている同国の洪水を知ったのは17日の午前中でした。

(インドネシアの取引先 ) 

Hi! Ko-san, I would like to issue a P.O., but I cannot.



(Ko) “Huh? How come?”




既にネット上のニュースでは最新情報が流れていますが、
私が直接得た情報をここでアップしたいと思います。


2011年のタイの洪水の悲劇・悪夢を思い返してしまいがちですが、

あれとは少し性質が違う洪水の模様。




つまり、タイの場合は バンコク中心まで流れてくるチャオプラヤ川が

氾濫してしまったことが、結果的にダウンタウンでの浸水に繋がったみたいなんですが、

今回のインドネシアの洪水には川が氾濫したという要素はないみたいです。


そもそも、チャオプラヤ川のような大きな河川はジャカルタにはありませんしね。




更にタイの洪水と気質が異なる点は、

そもそもインドネシアは毎年2月になると、強烈なモンスーンにより、

大豪雨(但し 局地的)が当たり前のように押し寄せる国だということです。

・・・私も最近知ったんですが。





ですので、取引先と話していても、あっけらかんとした感じでした。



“Damage? Mmm… some, but everything will be fine.”



・・・ってな具合に。





私は色々な筋から情報を集めたりして対応したんですが、

現地は意外に焦ってもいなければ、心配した様子も見られませんでしたね。




ただ、やっぱり17日(木)は (取引先のうちの一社の)殆どの社員は

オフィスまで辿り着けなかったみたいです。






ただでさえ、世界最悪と言われているジャカルタの交通渋滞に、

洪水が加わることによって、車が動かなかったようですからね~。





で、01月18日(金)の夕方に改めて状況確認しましたら、

未だに雨は降り続けていると。




(Ko) “Still raining?”




(取引先) “Sure, It’ll be raining till early February.”





!? 2月上旬まで降り続ける??


・・・恐ろしいですね。





ただ、金曜日には既に社員は出社しており、通常業務化しているとのこと。

うーん、国としての危機管理能力はレベル低いようですが、

国民の意識レベルとしては極めて高く、落ち着いたものですね。






ちなみに郵船の人から聞いたんですが、大統領官邸たるところにも、

洪水は押し寄せており、水浸しだそうです。




・・・ここは是が非でも食い止めなくてはいけないのでは?

と感じましたが、まぁ発展途上の国ですから・・・。




安倍総理は別の理由でジャカルタを離れましたが、

在ジャカルタの日本人も逃げ遅れていないことを祈ります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です