【読者様からのご相談】影響を受けた本は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
1

の内OAZOにある丸善のカフェ。
本屋さんの中のカフェなので、
「お手軽な値段かな~」と思ったら、コーヒー一杯500円でした・・・。



さて、先日 読者様からご質問を頂戴致しまして、
「Koさんは影響受けた本はありますか?」と。



当然、英語学習の意味でかな、と思いきや、
その枠をも取っ払って何でもいいから教えて欲しいとのこと。



こういった学ぶ姿勢をもっていらっしゃる方は大歓迎であります。



私は23歳~26歳くらいの時期に、大量の本を読み続けていまして、
それはもう多くの情報をインプットすることが出来ました。


ですので、「この1冊!」って決め方は出来ないですけど、

間違いなくその後の英語学習に影響を与えた本はコレです。



                   


この本を読んでいたのは、高校生3年生~大学1年生くらいだった筈。
当時、アメリカ留学を目指し、TOEFL 223点オーバーを目指していた私にとって、
最大限にそのモチベーションを上げてくれる本でした。




いったい何度読み返しましたかね・・・。
TOEFLの受験会場である新横浜駅に着いて、
試験までの時間つぶしの際も読み続けていました。



今はこの本は絶版(?)になってしまっており、
現代版へと改訂されて発売されています。




ちなみに、杉村太郎氏は「絶対内定」で有名ですが、
私はこっちが先に情報としてありましたので、
「あの杉村氏が就職の本を出している?なんで?」
っていう印象を抱いたのを覚えています(笑)




社会人になってから、年間50冊くらいの本を読んでいましたが、
一番影響を受けたのはこの本です。


既に読んだことがある方はご存じだと思いますが、
この本の中で「暗記カード」について触れられていますよね?
実は、私の「単語カード作成」のベースはこれであります。





この人の言う通りにやって、留学出来たようなもの。
恐らくまだ我が家のどこかに埋もれていると思います。


基本はTOEFLに関する記述が多いですが、
是非TOEIC学習のモチベーションを上げる為にも
読んでみては如何でしょうか?
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>