TOEIC(R)は無料で受験出来る??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

11

COREDO室町 / 孫の坦々麺(大辛)。どうも。坦々麺のスープでご飯を一杯食べれるKoです。さてさて、先日、大学時代の友人と話をしている際にTOEICの話題に。「TOEICって、受験生がいっぱいいるんだから、相当儲かってるでしょ?」という話から始まり、最終的に、「もう受験料を無料にしちゃえばいいのに♪」と言っていました。

まぁ、本人は別に深く考えずに思いついたことを口にしただけだと思います。で、私もそれに対してどうこうは言わず。というのも、彼は全く英語を話せないので。

ただ、彼の発言は全ての試験・勉強においての本質を見誤っていると言わざるを得ません。



彼を非難したいとかそういう訳ではありませんが、

この発言はいかがなものかと。




先ず、幾ら受験者が多い試験だとしても、

毎回運営費・管理費・人件費は必要経費として掛かってきていますので、

無料にしたら、その時点で大赤字です。

まぁこの点を説明するのはビジネス系ブログに任せるとして、

私が思うのは、仮にTOEICの受験料が無料になってしまうと、

受験生のモチベーションTOEICという試験の価値

一気に堕落してしまうということ。






人間って、お金を書けると有る程度真剣になるんですよ。

逆に無料のコト・モノにはやる気が出ない。





「無料のTOEIC教材!」を仮に手にしたとしても、恐らく長く続かない筈。


それよりは「\3,500のTOEIC参考書!」を一念発起して手にした方が、

せっかく買ったんだから最後までやろう!って気になると思うんですよね。






その意味で(TOEICを)無料にしてしまったら

何の価値も無い検定試験になってしまいます。

まぁ、私の友人が言うようなことは100%起きませんけどね。







で、私が個人的に感じるのは、TOEICに限らず、

いかなる学問を勉強する人って、上手にお金を使っていると思うんですよ。


何と言うか、お金をズバッと使い、短期集中的にガツガツと勉強しちゃう人。








実例が私の周りであります。


私の(米国留学時代の)先輩は こんなところで言うのもあれなんですが、

決して経済的に余裕のある方ではありませんでした。




その先輩はプロの翻訳家を目指していまして、

自宅でせっせと翻訳の勉強をしているのかなと思いきや、

新宿にある翻訳家養成スクールに通っていたんです。




・・・で、こういうスクールってメチャクチャ受講料が高いんですよ。

ウン十万円で半年とかね。






で、その先輩に聞いたんです。



「金銭的に結構大変な感じになりそうですよね?」



すると、



「確かにね。でも、自宅でコツコツと勉強していて2年とか3年とかも


費やしてらんないから、俺みたいなの場合は逆に学校に通って、


一発で合格しなきゃダメだと思うわけさ。だから受講料高いけど、


これが最短の近道と思っただけ」





結果、この先輩は最初の試験で見事に合格し、

現在ではプロの翻訳家としてアメリカのWikipediaの

記事翻訳を請け負うなどして、毎日頑張っていらっしゃいます。






最初に登場した私の大学時代の友人と、この先輩。

英語の上達の早さは言わずもがな、既に結果として出ていますよね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です