最近よく聞かれる質問 ⇒ 「スピードラーニングってどう?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

3

京スクエアガーデンが完成し始めてきました。京橋も変わりますね。よりいっそうビジネス街っぽくなりそうです。東京スクエアガーデン ⇒ http://office.tatemono.com/tokyo_sg/index.html

タイトルにもありますが、最近よく聞かれるんです。スピードラーニング。特に私の母親から。

「ねぇ。どうかな?」

「遼君もやってるしさ」

「いいと思う?」

・・・って。で、私はこんな風に回答しています。






「多分、無理」











ま、絶対無理とは言ってません。
っていうか、私自身、この教材に関して殆ど知りません。

ですので、適度に流して下さい(笑)










イメージとしてあるのが、

「聞き流すだけで、英会話が身に着く」
だけでしたので、それだけで回答した次第であります (・・・浅っ)。











このブログの読者様で、実際に使用されている人がいらっしゃたら

教えて頂きたいくらいですが、「聞き流すだけ」以外に、
この教材の特長はあるんですかね? 
(「特徴」ではないですよ、「特長」です)











改めて内容を確認した上でコメントしたいですが、

最近はこういった「~するだけで」系の英語教材が散見されますよね。



「見るだけで!英会話」とかね。











使ってもいないヤツがどうこう言うつもりはありませんので、

スピードラーニングのレビューは、私の母親が購入した時点でしたいと思います(笑)




















一方で、個人的に気になっている同じような
英語学習ソフトがあります。




















それは、JALの機内では必ずと言って良いほど目にする教材で、

TV CMでもしばしば見ることがあります。














ソフトウェアとしてリスニング (主に発音)の教材が含まれているのに加えて、
個人レッスンも受講可能な英会話学習教材です。














・・・って、ここまで言えば大体想像付きますかね?



これです↓







     【ロゼッタストーン】パソコン用外国語学習ソフト









実は 私が頻繁に足を運ぶ「OAZO 丸善」の中に、
ロゼッタストーンの営業マンが一部スペースを陣取っており、
そこで商品の実演されているんですよ。










行く度に「どんなのかな~」なんて覗いてみるんですけど、
必ず誰かしらを接客しているので、声を掛けられず仕舞い。
ですので、次に行く際には 具体的な使い方やその効果を試してこようと思います。
















で、なぜ私は スピードラーニングには興味がなくて、
ロゼッタストーンには興味があるか?なんですが、
当社の外国人取締役が推薦していたことが一番大きいです。
















ま、その時は「英語」としてのロゼッタストーンではなく、
「韓国語」とか「インドネシア語」の学習用で薦めていたですけどね。













この教材、もともとは1992年にアメリカで開発されたものだそうで、
全米ではそれなりに実績がある外国語学習ソフトらしいんです。










最初の頃は、主に大学などの教育機関を中心に販売していたそうですが、
その後、評判が評判を呼び、政府・公共機関へと普及したそうで。













そんなこんだで、業績は伸びていき、2009年には 米国 Rosetta Stone Inc.が
ニューヨーク証券取引所に上場までしています。










こんな情報ばっかりが耳に入ってきている為、私の中では、
「ロゼッタストーン > スピードラーニング」なわけですね。




 * そもそもこの2つは比較対象すべきでない教材のようですが。













いずれにしましても、「売れている」「人気のある」英語教材には、
それなりの理由があるはずです。










近いうちにロゼッタストーンを体験してみて、
その感想をブログにアップしたいと思います!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>