外国人の接待にお薦めのお店・レストラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 150

4

尾井町にある吉祥先日、インドネシアの代理店の副社長が来日しまして、その際の接待に使った日本料理店です。商社マン時代から色々なお店を使ってきましたが、このお店のレベルはちょっとヤバいくらいでした(笑)\12,000の四季懐石を食したんですけど、1人でこの価格はビビりますね・・・。

まぁでも、雰囲気は THE 日本といったところでして、外国人をもてなすにはもってこいです。お店の方の気づかいもよく、細部にサービスが行き届いていました。さて、その「インドネシア人来日」ですが、

基本的には私が一日中張り付いていました。本日は、その日一日の様子をご紹介したいと思います。



えーっと、彼は1泊2日で日本に来ていまして、

利用した飛行機が結構キツイスケジュールだったんです。



これ↓




GA886便 デンパサール発 15:05→羽田着      23:30 


GA887便 羽田発      1:00→デンパサール着   7:30

デンパサールってのは、バリ島のことです。

これを使って1泊2日で日本に来るってなかなか凄いですよね(笑)



彼は23時に羽田空港に到着し、そのままエクセルホテル東急にチェックイン。
で、翌日のお昼に私がホテルまで迎えに行くことに。






(Ko) “I’ll pick you up around noon!”
 





って、会社を出る前に彼に電話したんですが、

結局羽田に到着するのは12時20分頃になってしまい、

ホテル手前の羽田空港ロビーにて、彼に出迎えられてしまいました。





「遅れてごめんね!」的なことをいいながら、

時間も時間なのでお昼をとることに。





(Ko) “What would you like to have for lunch?”



(副社長) “Anything!”






「うわー出た。一番困るパターン」と思いながらも、

当たり障りのない天婦羅にしました。

まぁ、私が天婦羅好きなのが一番の理由なんですけどね(笑)

天政というお店に入りまして、1人\2,200のコースを頼むことに。





食べながらは色々な話をしましたねー。


先ずはインドネシアの洪水について。

とにかく彼らは動揺していませんでした。

日本からしてみると「大丈夫か!?」って真剣に心配してしまいますが、

以前の記事にも書いた通り、もうこの時期では恒例の様です。


でも中には家が流されてしまった社員さんもいたそうで・・・。

まぁこの辺にはあまり深く突っ込まない様にしました。






更には、日本のNew Prime Ministerの話も。

“You have many prime ministers.”って言われてしまいました。

・・・もう慣れましたけどね(笑)



加えて、”I remember, the prime minister…”って言いながら、

何と言いますか、髪をこう、手でいじりだしたんです。






(Ko) “It must be Mr. Koizumi.”



(副社長) “Oh! Mr. Koizumi!!”





・・・小泉純一郎前首相の知名度にはホントに驚かされますな。

あと、家族の話とか仕事の話とか宗教の話とかですね。

彼はインドネシア人ですが、カトリック系のキリスト教徒。



基本的に食べれないモノがないのもうなづけるんですが・・・、

夕食を共にする時に判明しますが、彼は生ものNGでした(笑)


全然 “anything OK”じゃないじゃん・・・。





昼食後は、羽田発のシャトルバスに乗り込みまして、そのまま都内へ。

お昼を食べた後ということで、私は普通に仮眠を。


んで、会社に到着後は18時まで打合せ。




2013年の拡販方法や、具体的な販促活動案に関して意見を交換しました。

担当役員にも会議に参加して貰い、計4名で打合せを実施。


特に何かを決めなくてはいけないという打合せではなかったので、

とにかくその場で質問と回答の繰り返し。

最後にインドネシアお土産としてコーヒーを頂き、夕食に出かけました。





夕食は最初に御紹介した通り。



私は緊張してしまうようなお店でしたが、夕食は終始リラックスした雰囲気で進み、

最後にこちらから日本のお土産 (高級箸)をプレゼントし、お別れ。





・・・ただ、私はそういう訳にもいかず、

彼を浜松町のモノレール乗り場まで見送りに行かなくてはなりません。

ま、この辺は普通に営業職の仕事ですからね。抵抗ないです。





18時30分頃から食事を始めたこともあり、

浜松町には やや早めの21時頃に到着し、彼を見送った上で私の仕事は終了。


25時のフライトですので丁度いいタイミングでしたね。





いやー、私でしたら絶対そんなフライトを選びたくはないですが、

彼は「羽田空港でシャワーを浴びたい」と言っていましたので、

さっぱりリラックスすれば問題ないんでしょう。




とまぁ、一日の流れを淡々と綴ってしまいましたが、

やっぱり英語を使って外国人とコミュニケーションをとりながら、

仕事を出来ると言うのは楽しいです!



今後も、英語を学びながら、そのアウトプットを意識していきたいですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>