TOEIC(R) 禁断の裏技 【全般編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEIC(R) 禁断の裏技 【全般編】

TOEIC に関する全般的な裏ワザをご紹介します。

スポンサーリンク
Sponsor Link

1. 過去問が出る

【ちょこっと解説】

基本的に毎回異なる問題が出題されるTOEICテストではありますが、中には以前に登場した問題が出てきます。

対象のパートは、パート 2 、パート 3、パート 5、パート 6 あたりでしょうかね。パート 4、パート 6 もひょっとしたらあるのかも知れませんが、記憶の限りではなかったような気がします。

従いまして、単純に数多く受験している人は、その分過去問に当たる可能性も上がります。当たったら正答率アップが期待されますので、当然スコアも伸びます。

ただ、テストってそういうものではないんですけどね。

「やった!これ前に出たやつだ!答えも全部覚えているから直ぐに解答出来る!」ってところに喜んでしまう人は正直終わっていると思います。

2. マーキングの時間を短縮できるシャーペンがある

【ちょこっと解説】

これは「TOEIC」の裏技ではない気がしますが、もはやTOEIC用に開発されたと言ってもいいくらいの商品が発売されていますのでご紹介します。

人にもよるとは思いますが、0.5 のシャーペンを使った場合のマーキングに掛ける時間よりも、2秒くらいは時間を短縮することが出来るシャーペンが存在します。

2秒 x 200 問 = 400秒 = 6分40秒 ですので、結構なインパクトはあるのかも知れません。

詳細記事はこちら ⇒ http://toeic-eigo-blog.com/archives/3449

3. マークシートは雑に塗っても読みとってくれる

【ちょこっと解説】

これまたマーキングに関する裏技です。

TOEICに限らずですが、マークシート方式の試験は「光学式読み取り装置」でその解答を読みとられます。試験用紙には必ず「塗りつぶしの凡例」が示されており、綺麗にシャーペンで塗りつぶされていますよね。

これってここまで丁寧に塗りつぶす必要も無いようで、全体の50%くらいが黒く塗りつぶされていれば先述の「光学式読み取り装置」が何事もなく答えを読みとってくれるようです。#2 のマークシート用シャーペンと合わせて使用すると 相当時間を短縮することが出来るかも知れませんね。

ちなみに「マークシート」は和製英語でして、英語では “optical answer sheet” や “bubble answer sheet” と言います。

4. 受験料を安くする方法がある

【ちょこっと解説】

TOEICには「リピート割引」という制度が存在します。

ここで言う「リピート」とは「2回連続で受験」ですとか「5回連続で受験」ではありません。「受験した月の1年後の同じ月の試験」が割引の対象ということです。このリピート割引を使うと、通常 5,565円の受験料は 4,950円となります。10%の割引ですね

但し、この「リピート割引」はインターネット申込みにしか適用されませんのでご注意を。コンビニの端末や申込用紙を使って申し込んだ場合は何年経っても同じ受験料のままです。ネット上で申し込めば、自動的に割引された受験料が表示されます。

5. テストの最後に時間が余ったら「塗り間違い」をチェックする

【ちょこっと解説】

裏技っぽくはないですが、意外とスコアアップに直結し易いことをご紹介します。

例えば残りの時間を10分残してパート 7 の No. 200 を解き終えたら、残10分で何をしますでしょうか。中には「解答に迷った問題」に薄く印をつけて、それにとりかかる人もいるとは思いますが、そういった正解するのに時間が掛かってしまう問題よりも、意外と自分の「マークミス」を見つけることに時間を費やした方がスコアアップに繋がるかも知れません。

自分の気付かないところで 間違った選択肢にマーキングしてしまうことは結構耳にします。頭を使わなくとも出来る作業ですので、是非一度試してみて下さい。

6. Under construction…

7. Under construction…

8. Under construction…

9. Under construction…

10. Under construction…

<関連記事>

TOEIC(R) 禁断の裏技 【Part 1】 TOEIC(R) 禁断の裏技 【Part 2】 TOEIC(R) 禁断の裏技 【Part 3】 

TOEIC(R) 禁断の裏技 【Part 4】 TOEIC(R) 禁断の裏技 【Part 5】 TOEIC(R) 禁断の裏技 【Part 6】

TOEIC(R) 禁断の裏技 【Part 7】

更なる「TOEICの裏技・攻略テクニック・解答のコツ」を知りたいと言う人は、『300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>』を使用すると、より豊富な情報を得られることが出来ます。私、外資系営業マン Koも使用していますのでご参考までに。

<参考記事>

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法を買ってみた」 

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法を開封してみた」

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法を使ってみた (感想・レビュー)」

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法の特徴」

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法を使うべき人」

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法を使うべきではない人」

「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法に購入特典をつけてみた」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>