WBC キューバ戦は明日!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2

坂の天一。こんな個室で天婦羅を揚げてくれるなんて・・・。仕事と言えでも楽しかったです。さて、明日はついにWBC キューバ戦です!!私、興奮しております!キューバに負けるわけにはいけません!

・・・とまぁその辺はおいておきまして、この「WBC」に関して、Yahoo JapanやGoogle日本で

検索すると見つかりませんが、Yahoo.comから、WBCのサイトを検索すると英語版サイト (というかアメリカ版)を発見しました。

⇒ http://web.worldbaseballclassic.com/index.jsp

いやー、まぁ当然と言えば当然ですが、「アメリカ寄り」に書かれていますね(笑)

野球好き以外は良く分からないかも知れませんが、TOEICを勉強している人であれば、この記事くらい↓は戻り読み無しで理解したいですね。

The World Baseball Classic not only brings nations together

to vie for supremacy on the diamond,

it gives fans around the world a chance to get a look

at players they wouldn’t normally see.

This is especially true in Pool A, which pits Brazil, China,

Cuba and Japan against each other.

The Japanese, the two-time Classic champions, 

are the most well-known to the world at large, 

having in the past produced many Major Leaguers 

and former Classic participants such as Ichiro Suzuki, 

Yu Darvish and Norichika Aoki, among others.




私は野球が好きなのでWBCはもってこいですが、

サッカーのワールドカップや、ゴルフのマスターズ、

更にはラグビーのワールドカップなどに代表されるスポーツの話題は、

外国人と英語でコミュニケーションする際に大変有効です。






初めて外国人と会って、話す話題と3大要素と言えば、


「天気・家族・スポーツ」


なんてことも言われています。

ですので、スポーツの話題は Biz英語の一つとして

考えても良いくらいですから、是非何かしらの意見を持っていたらいいかと思います。






「どこどこのチームが好き」とか、


「だれだれと言う選手が好き」などですね。







とは言いましても、「そもそもスポーツに興味がない」って人もいるでしょうね。

私が野球を知らない人に、その魅力を伝える手段として、

トリビアを話すようにしています。

例えば、アメリカ メジャーリークのチームの一つである、

ニューヨーク ヤンキースの「ヤンキース」という

チーム名の名前の由来とかですね。

「ヤンキース」って名前は誰でも聞いたことがあると思いますが、

何故「ヤンキース」と言うのか?ってのは野球好きでもよく分かっていません。

そんなトリビアを一つでも知れば、「へぇ~」となり、多少は身近に感じる筈だからです。

ちなみに、答えは以下の通り。

せっかくなので英文を引用しました。





諸説 1. 


When the British took over New Amsterdam, renaming it New York, 

there was a bit of animosity between the Dutch and the British settlers.


Hence, in English we have words like dutch uncle, dutch courage 

and dutch treat all starting as put-downs of the Dutch. 


Cheese was a staple of the Dutch diet, and the British used to put 

the Dutch down saying, “Look it’s John Cheese”. 


The Dutch used to throw this insult back at the British – John 

 = Jahn, Cheese = Kees. Hence “Jahnkees” or Yankees was born. 




諸説 2. 


During the time of heavy Dutch settlement in the New York area 

a common surname was Janke (pronounced Yan-kee). 


Those damn Yankees is a reference to the constant influx 

of the Dutch at the time with that surname. 



諸説 3. 


The name “Yankees” comes from the old Dutch term, 

Jan kees, which was a sort of derogatory nickname. 


こんなことを英語で一回でも読んで理解すれば、そんな簡単には忘れませんので、

外国人と英語でコミュニケーションをとるときに役に立ちます。


加えて、この文章を読むことは、TOEIC リーディングのスキルアップにも

当然繋がると思いますよ。


(ちなみに、私はヤンキースの名前の由来は3番だと思っていました)





こんな形で、TOEICの勉強を意識しながらそこで培った英語を

実際に使う場面まで想定し、そのスキルを身に付けるには

どういった知識が必要なのかといったところまで考えておくといいと思います。



最終目標はTOEIC900点、だけではなく、その先をも目指しましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>