『最短でTOEICテスト900点を超える方法』レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

短でTOEICテスト900点を超える方法をレビューします。2012年12月に改訂版が発売されたので、まだまだ真新しい本ですね。えっと、先ずですね。これは問題集や参考書ではありません。

先日ご紹介したとも被る箇所があるのですが、「TOEIC 900点を取る為には、こういう風に考えて、動こう」と言った内容になっています。最初に結論を言ってしまいますと、

「素晴らしい内容だけど、ちょい押し付け感が強いかな~?」です。





あ、ちなみに この本を見つけた経緯を。



仕事の就業時間 (17:30)が過ぎ、花粉症が酷かった私は耳鼻科へ向かいました。

が、普段は2,3名しか待合室にいないのに、その日に限っては13名!

座れる場所もなくなり、立っていた人もいたくらいです。

で、取り敢えず私は受付だけ済ませ、その後 近くにある書店に赴き、

TOEIC本コーナーを眺めていた時に見つけたのがこの本です。






ですので、以下のレビューは「立ち読み」した結果です。

この本は文章量がハンパないので全て読んだ訳では御座いません。悪しからず。









えーっと、まずですね、著者紹介・・・と思いましたが、

私はTOEICに関する教材を著者とか作者では判断しませんので割愛。








正直ね、本人がどれだけ凄い実績残せても、

他人のスキルを上げることが出来ない人もいる訳で、

著者の実績はなーんにも関係ありません。







極端なことを言えば、TOEIC10点の人が書いた本でも、

TOEIC900点を出すヒントとか方法論を身に付けることが出来れば、

結果的にそれが正解だったということなんです。






「TOEIC満点 (1390点)、TOEFL満点 (120点)、英検1級合格」の

肩書を持った人が出版した英語本で、あなたのTOEICスコアが上がらなかったら、

その責任をその人に転嫁出来ますか?出来ないでしょう。







結局、他の誰でもない、自分が自分の勉強スタイルを確立する必要があるんですよ。














・・・すいません。脱線しました(笑)






この『最短でTOEICテスト900点を超える方法』ですが、

最初にライフスタイルを変えること」を大きく掲げています。









例えば隙間時間机に向かう時間を確保する、などです。








これはねぇ、ホントその通りだと思います。



その為に、「あなたの一週間のスケジュールを書き出して下さい」ってことで、

書き込みする為のシートも収録されています。

凄い熱の入れよう。








・・・ですがね。







これってなかなか踏み込めない領域なんですよね。


つまり、読者にこのやり方の良し悪しも分からずまま、

「まずこれをせよ!」としょっぱなから言っている訳です。







私もブログやメルマガを通じて仲良くさせて頂いている読者様とは、

それなりに「指示・命令」っぽいことも時にはお願いしますが、

(当然、その方のTOEICスコアを900に上げる為)

そこまで信頼関係を築けていない人に対しては、単なる押し付けになってしまいます。







当然、そこが気にいってこの本を購入される人も大勢いるとは思いますが、

こういうのは、「私はこういう風にしています。よければ取り入れて下さい」

というスタンスでいて、読者に「能動的アクション」をもたらす方がベターではないかと思います。


無理やりやらせても英語学習は続きませんのでね。








とまぁそんな感じで、最初に読者の一週間の生活を洗い出させています。

ま、かなりストイックではありますが、習慣化してしまえば楽ですからね。




あとは、実際に使用したノートを掲載しているところは面白いですよ!

人のノートってあんまり見る機会無いですからね。

更には、TOEIC900点を取る為の勉強する順番も記載。だいぶ細かいです。

ですが、やっぱりこれだけ詰め込んでしまうと

英語勉強を嫌になってしまう人も現れるかもしれないです。








あ、あともう一つ。気になった点。


各ページのレイアウトや文章がやや単調であります。

正直言って、読む方は飽きます。

この辺は出版社が工夫すればいいところだと思いますけどね。







ズバズバと言いたい事を言ってしまいましたが、

著者の言っていることは極めて合理的で、経験に裏打ちされているものと思われますので、

スパルタでしごいて貰いたい!という人は一度手に取ってみては如何でしょうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>