「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー ①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 130

「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー
CNN ENGLISH EXPRESS をTOEIC対策の教材として使用してみました。この雑誌を教材として取り扱うのはどうかなと思いましたが、全然使えると思いますので記事に残したいと思います。

「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー ① (この記事)

「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー ②

「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー ③


スポンサーリンク
Sponsored Link

この教材の概要


先ずは教材としての概要から。以下のように纏める事が出来ると思います。


名  称 : CNN ENGLISH EXPRESS

媒  体 : 雑誌 

サ  イ  ズ : B5判

付  属  品 : リスニング用CD

発  売  日 : 毎月6日

出  版  元 : 朝日出版社

価  格 : JPY 1,400

ページ数 : 126ページ (2013年01月号)

内  容 : 3段階のステップ方式でリスニングを学ぶ

立ち読み : 可能 <http://ee.asahipress.com/detail_p_l/108169/>

視  聴 : 誌内記事は可能 <http://ee.asahipress.com/news/archive/>



はい、こんな感じであります。月刊誌ですね。

どうでもいいですけど、この雑誌のターゲット読者ってどんな人なんでしょ?まぁ、英語を学びたいって言う人は当然当てはまるんでしょうが、更に細分化した場合、社会人?学生?なんなんでしょうかね。


この教材でできること

恒例の「できること」分析ですが、出版社は以下のように記載しています。

出版社側の言葉ですから、当然この教材のPRポイントがギュッと詰まった内容にしてあり、時にはそれが盛られている可能性がありますので要注意です。


聞ける! わかる! リスニング楽習誌!3段階のステップアップ方式で、CNNを完全リスニング!

初級から上級まで幅広い英語レベルに対応出来る3段階のステップアップ方式で、CNNを完全リスニング!本誌は毎月(6日発売)、CNNで放送された英語ニュースをそのまま文字化し完全な対訳と充分な語注、解説を加えてお届けします。添付のCDを併用して学習すると、リスニングが確実にアップします。TOEICなどの試験対策やビジネスに、使える口語英語が確実に身に付く究極の英語雑誌!



「究極の英語雑誌」ですって・・・。いやーすごい(笑) 

ちゃんと「TOEIC」対策にも使えるって書いてありますね。これは良かった。

で、私が個人的に「できること」を羅列しますと、英語耳、語彙強化、英会話の引き出し増、TOEIC対策、文法力アップ、時事ニュースの把握、発音スキルアップ、英語を使って仕事をしている人の様子を知る・・・とまぁこんな感じでしょうか。

AERA English や TOEIC プラスマガジン とかに比べると、英語系のコラムみたいなミニコーナーは少ないです。ですので、この教材を読むことによるモチベーションアップはそんなに望めないかも知れませんね。


中身をちょろっと公開

本誌の中身を公開します。こんな ↓ 感じで、CNN で取り扱われたニュースをきちんと紹介しており、更に和訳もついています。難しめのフレーズに関しては別途解説がついているなど盛りだくさんです (クリックして拡大)。

「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー

CDは1枚がこんな感じで付属されています。HP上で別途MP3 をダウンロードするとかはありません。

「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー

著名人のインタビューなんかも載っています。この太った人分かりますかね・・・?マカロンで有名なピエール・エルメでした(笑) ちょっと吃驚。

「CNN ENGLISH EXPRESS」の感想・レビュー

さてさて、次回の記事では実際にTOEIC対策としてこの教材を使ってみた感想を纏めたいと思います。

⇒ CNN ENGLISH EXPRESS をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>