NHK ラジオ英会話を4月からスタートさせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

8

NHKラジオ英会話が最も売れるのは毎年4月だそうです。確かに毎年3月~4月って、「何かを始めよう!」って気になりますから、世の中の英語学習者が一気に動き出すのも頷けます。今では完全なTOEIC学習者となってしまった私ですが、13歳~18歳までは、このNHKラジオ英会話のリスナーでした。「TOEICに役立ちますか?」ってたまに聞かれますが、そりゃ役立ちますよ。何ならTOEICよりも広い範囲をカバーしていますからね。でも、結局 継続力の問題。

4月から初めて何人の人が半年まで持続しているか。殆どは止めてしまっているでしょうね。

そんな人にはこちらが断然お薦めです ↓




⇒ http://goo.gl/xvumc




「先の分まで購読しちゃう」って方法。






本来、このNHKラジオのテキストは毎月14日に発売されますので、

そのペースでテキストを購入しても全然いいんです。






が、それだと途中でギブアップしていまう人もいるので、

「4月の時点で半年分を購読」しちゃうのも一つの手ですね。







ちなみに、TOEIC900点を目指す人へお薦めするプログラムは

以下のものが良いかと思います。






(1) ラジオ英会話 ⇒ http://goo.gl/CJCZ


  (個人的感想 : TOEIC 500点~ の人向け)



(2) 英会話タイムトライアル ⇒ http://goo.gl/ftN9D


  (個人的感想 : TOEIC 800点~ の人向け)



(3) 攻略!英語リスニング ⇒ http://goo.gl/UBNuE


  (個人的感想 : TOEIC 700点~ の人向け)



(4) 入門ビジネス英語 ⇒ http://goo.gl/qqTd


  (個人的感想 : TOEIC 700点~ の人向け)



(5) 実践ビジネス英語 ⇒ http://goo.gl/QBTF


  (個人的感想 : TOEIC 900点~ の人向け)



(6) ワンポイント・ニュースで英会話 ⇒ http://goo.gl/hc7wp


  (個人的感想 : TOEIC 900点~ の人向け)




私が聴いていた頃に比べると、プログラムの数は増えましたね・・・。

遠山顕先生や杉田敏先生は 私が聴いていた当時の先生でもあります。

あれから10数年経ちますが、今でもご健在なのは凄いですね~。





TOEICのリスニングのスコアを上げるには、

各パートの練習問題を繰り返し解かないといけない!

やや極端に捉えてらっしゃる方も多いと思いますが、

実際にはラジオ英会話のような教材を使用して、

スコアをアップさせることも十分に可能です。





もちろん、TOEIC本番に少しでも慣れる為に、

練習問題を数こなさないといけないのは明白ですけどね。





また、ラジオですので、どうしても「リスニング対策」という目線で

考えてしまいがちではありますが、プログラムによっては

ビジネスで使用される英単語が数多く出てきますので、

結果的には「リーディング対策」にもなり得ると思います。


特にパート 5 とパート 6 ですかね。







ラジオが元ですので、知らないうちに音読を兼ねて、

単語の暗記が出来ていますよ。






ちなみに、私が英語学習コンサルをしている大学生のI君は、

2012年10月から始めて、現在まで続けて聴いているそうです。




当初は「続ける自信ないです」と堂々と宣言していたんですが(笑)、

私がちょいちょい「やってる?」ってリマインドした結果、

何回か聞けない回こそありましたが、挫折せずに続けている様子。






これからも英語の楽しさを感じながら、総合的な英語力を身に付けていって欲しいです。






P.S. さて、先日よりお知らせしているTOEIC教材です。


こちら ⇒ http://www.infotop.jp/click.php?aid=220995&iid=51491&pfg=1


これを使うに当たっては色々と注意しなくてはならない点がありますので、

詳しい解説は明日致します。



取り敢えずメルマガの登録は不要です。

する必要は御座いません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>