パート2は最後まで聴くな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

3

居にハーゲンダッツの自動販売機が。よーく、見ますと 「日本国限定」だそうで。皇居周辺には多くの外国人観光客が来ますので、丁寧に英語表記もありますね。

“JAPAN LIMITED”

・・・ん?ジャパン リミティッド???

“Only in Japan”とかではなく? これだと「株式会社ジャパン」みたいな響きに聞こえちゃいますね・・・。

さて、先日、私が管理・運営しています英語カフェにて、大学生の生徒さんから、こんな質問がありました。




「TOEICの中で最もビジネスシーンに役に立つパートってどれですか?」





・・・あなたは何と答えますか?






・・・






・・・






・・・







私でしたら、Part 2 と答えます。







ま、役に立つ・立たないは、業界・職種・立場などにもよりますので、

なかなか一概には言えませんけどもね。







ただ、一番「ビジネスシーンに近い」と言いますか、

「TOEICを勉強した内容をほぼそのまま応用出来る」という点で言いますと、

群を抜いてパート 2 だと思うんです。







パート 1 は・・・正直、応用したくともし辛いです。


「道路にはポールが上を向いて伸びている」


とか、99%使いません(笑)







そして、「建物は影を落としている」とか、


「建物の屋根はアーチ状になっている」とかいう話も出てきません。


建築・設計とかをされている方は使う可能性がありますかね?








あと、パート 3 & 4 も、ビジネスシーンではなかなか直結しませんね。


「人が話している内容を要約するスキルが求められる」という点では、


大いに関係ありです。これが出来る・出来ないでは全然違う。








但し、パート 3 & 4 は、言わば「(読解ではなく) 聴解問題」ですから、

「要約スキル」は求められていません。





そして、リーディングセクションは「使いよう」によっては

使えるのでしょうけど、ここでは割愛します。






個人的に、最もビジネスシーンにて活用出来るTOEICの勉強は

そう、パート 2 でと思っています。









仕事をする際には必ず、人が介入しますよね。

そして、人とのやり取りには会話が必須となります。







E-mailでのやり取りも忘れていはいけませんが、基本的には会話です。


その際には、日本語と同じように相槌を打ったり

質問に対する回答をしたりと、様々な応答が求められる訳じゃないですか?









そんな意味合いで、パート 2 はホントに使えます。


TOEICの中でも比較的 軽く見られがちなパートではありますが、

実際に英語を使って仕事をしているヤツからしますと、


これ程 実務に沿った英語試験はないと思いますよ^^





特に、No.30 ~ No. 40 くらいの設問は、


「えっ!そんな応答するの!?」


というレベルの問題になっていますので、

仕事をする上でとっても参考になります。





そんな応用性が高いパート 2 の内容はこんな感じ↓ですよね。

(TOEIC公式HPからの抜粋)





Quote——————————————————–

応答問題 30問
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えが

それぞれ1度だけ放送される。

印刷はされていない。

設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。

——————————————————Unquote







ちなみに、あなたはどのタイミングでマークしていますか?


私は「3つの答え」のうち、2つ目の答えが流れた後に


マークする様心掛けています。






例えば・・・、








(放送) “what brought you here?”



(Ko) 「何しにここに来たかか。理由ね。理由」



(放送) ”A, You can say that again.”



(Ko) 「ふむふむ。これは違う」



(放送) “B, No, you are not allowed.”



(Ko) 「む。これも違う。ということは(C)が正解だ」



(放送) “C, To see a doctor.”



(Ko) 「・・・(次の設問に取り掛かる為の準備)」



・・・のようにです。










但し、No.30 ~ No. 40 くらいになると、


「うわっ、この言い回し ちょっと怪しいな。

 最後まで聞かないと判断出来ない・・・」


という設問も出てきますので、全てがそうであれということではありません。





いずれにしましても、見落とされがちなパート 2 ですが、

勉強した分だけ、TOEICスコアアップにも繋がりますし、

最終的にはビジネス英語としても大いに活用出来る

パートであることは間違いありません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です