「一つの教材を何度も使う」or「複数の教材を使う」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

6

イのホテルのミネラルウォーター。一瞬、「飲めるかな?」と躊躇ってしまいましたが、何の問題も無く飲み干しました(笑)

さて、先日 読者様とのメールの中で、「一つのTOEIC教材を何度も繰り返しています!」との言及がありました。一方で、別の読者様からは、「色々な英語学習ツールを試しています!」という発言が。

・・・ふむ。

で、英語講師の方の中でも、「何度も繰り返しやりなさい」と言う人もいれば、「数多くの教材を使いなさい」と言う人も実際にいらっしゃいます。

これって、結局どっちが良いのでしょう?



まぁ、必ずどちらかに決めなくてはならないって訳ではないのですが、

個人的な経験で言わせて頂きますと、「6:4」ですかね。






?? 



意味不明ですって?







いやつまり、どちらも大事なんですが、その比率が「6:4」といったところ。

即ち、「繰り返し解く : 次の教材に取り組む」の比率がです。






えーっと、言わずもがなですが、どちらもメリットデメリットが発生します。







かの人気を誇る「TOEIC 公式問題集」ですら、10回も20回も繰り返し解きますと、

次第に「問題を暗記」してしまいます。そりゃそうだ。






問題ならまだしもですが、そのうち「解答の暗記」も起きてしまいますからね。

こうなったら もう意味無し。

問題を見た瞬間に、「答えは(C)だ」という思考に陥ってしまいます。






答えがパッと浮かんでしまうことが問題と言うよりは、

「考えようとする思考が無くなってしまうこと」が問題ですよね。

この瞬間、脳みそを使っていないことになりますから。








また、更なる弊害としては、「TOEICの勉強をしている感」だけは

無駄に得られてしまうこともあげられます。

実際には、全然勉強していないのにね。








と、言いつつも、やはり「復習・レビュー」という言葉がこの世に存在するように、


繰り返して解くことは効果があるんですよね。








間違えた箇所に対して、正しい理解を上書き保存する為には、

結局 暗記しなくてはならないのですが、

人は物事を繰り返すことで暗記しやすくなりますから





と言うことは。








一つの教材を1回しか使用せず、直ぐに次の教材に走ってしまうと、

それはそれで「復習・レビュー」が出来なくなってしまう訳です。








その分、常に「新鮮な問題」に取り組むことが出来ることはメリットですけどね。

初めて取り組む問題に対しては、当然ですが 考えなくては(= 頭を使わなくては)なりません。

この瞬間に英語力は培われている訳ですので、大いに「英語を学習している」と言えるでしょう。








そんなことを踏まえますと、「6:4」くらいのスタンスが良いのではないでしょうかね~。





しばしば「最低5周はやらないと」とか言いますけど、

何を根拠に言っているのか意味不明です。

問題や解答を憶えてしまうかどうかは人によって様々。

1周目に、間違った箇所を全力で暗記しようとしたら、

そりゃー直ぐに憶えちゃいますから(笑)





変に「○○周しなくちゃ!」とか決めつけずに、自分のペースを掴むことが大事だと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です