「映画で英語を学ぶ」も変わったもんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 139

7

近出てきました、新しい位音楽・映画配信サービス。SMAPのTV CMでも何度か目にしましたが、avexグループSoftbank グループの合弁会社が新たに立ち上げたサービスです。「UULA」の語源は、avex 代表のMAX松浦氏の「浦 (うら)」に由来しているそうですよ。

UULA ⇒ http://goo.gl/5cJEV

既に日本でサービスを開始している「hulu」と同様のサービスのようですね。月額制で, PC・スマホ・タブレットで視聴が可能とのこと。

私も洋画を観ながら生の映画を学習していた頃がありますが、こんなに気軽に視聴することは出来ませんでしたよ。フゥ。




最も映画を見ていたのは高校生の頃





恐らく100タイトルくらいは観たでしょうか?

毎回、TSUTAYAへレンタルに行き、新作を借りていたので、

最安の1日レンタルをしても、300円くらい取られてました・・・。







まぁ、当時はそれくらいが普通でしたので仕方ありません。

それを100タイトルですから、レンタルだけで30,000円強ですか。

今では高くは感じませんが、16歳にとっては大変高額。






お金もそうですけど、時間も結構費やしましたね~。

平日、塾から帰ってきて、両親が寝静まった頃に視聴スタート。

周りに人がいると集中出来ない (= 勉強出来ない)ので、

とにかく静かな環境で、日本語字幕版で観まくりました。







洋画を使った英語学習法って、色々な使い方があるじゃないですか?

字幕を無くして、純粋に「リスニングスキル」をアップさせるとか、

日本語字幕を付けて、「翻訳力」を磨いたりとか。







私は、取り敢えず俳優が使う英語を聴き取り、その聴き取った内容を

正しく理解しているかどうかを測定する為に、字幕でチェックしていました。







今でも記憶している名フレーズは、「Ally McBeal (邦名 : アリーmy LOVE)」で、

主人公のアリーがかました言葉。





“It’s who I am !!!!!” 


「それが私よ!!!」






学校で義務教育英語しか学んでいなかった私にとりましては、

こんな関係代名詞の使い方、実際に使うべき場面は思い浮かびもしませんでした。





とにかく、色々な工夫を凝らして、楽しく英語を学んでいましたね。










・・・それが今では。




スマホ・タブレットを使えば、忙しい平日の夜でも、

会社からの帰りの電車の中で洋画を観れてしまう・・・。

いやー、ほんの10年前くらいの話なんですが、劇的に変わりました。






私の高校生当時にこういったサービスがあれば、もっともっと

効率的に英語を勉強出来ていたでしょうし、スキルアップ出来ていたかもしれません。

しかも、月々500円~1,000円くらいですよね?






・・・ふぅ。ちょっと嫌になってしまいます(笑)






ましてや、面白い洋画もいーーっぱい増えてますしね。

ま、いずれにしましても、外国ドラマや洋画を用いた映画学習はお薦めです







TOEICを「TOEIC本」でしか勉強したことのないような人には特に。








実際に英語を使って生活したりするイメージがつきますし、

勉強したり、暗記した表現が使われた日には、そのフレーズは一生忘れませんしね。






何と言っても、モチベーションの維持、というか向上が望めます。







毎日頑張って英語を勉強していると言うのに、なかなか上達しない、


TOEIC900点を取りたいと思って頑張っているのに、全然取れない。

そういうくじけそうな時には、リラックスの意味も込めて、

洋画・海外ドラマを観てみるのもいいのかもしれません。








ただ、英語圏の作品でないと、学習にはなりませんのでご注意を。


私は高校生の頃、「ニューシネマパラダイス」をレンタルして観ましたが、

イタリアの映画であり、英語は一切登場しなかった経験をもっていますからね・・・(笑)



洋画を使った学習法に関する記事 ⇒ http://bit.ly/ZMgnjb

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>