サラリーマンにとって、模擬試験を出来るのは一週間前がラストチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 153

2

のデスクには こんな地図を貼っています。

細かくは見えないかもしれませんが、いわゆるASEAN加盟国に関する地図です。

さて、第179回TOEIC公開テストの一週間前ですね。しばしば、「試験一週間前には何をすれば?」とご相談されますが、




ま、極端に言ってしまえば何でもいいような気がしちゃいます(笑)

やりたい勉強をするのがいちばんだったりしますのでね。





直前に、一から単語を暗記するのは得策ではないと思いますが、
それでもTOEIC本番さながらの模擬試験をするなら、
一週間前がギリギリですかね。







「いやいや、別に本番前日の土曜日にやってもいいでしょ?」






と、言われそうですが、まぁはい。その通り。
やっても別にいいです(笑)





ただ、私が推奨する模擬試験活用法と致しまして、





「なぜその選択肢を選んだか?」


「何問正解だったか?」


「何問解けたか?」


「時間が掛かったのはどのパートか?」


「不正解だった設問の分析は出来たか?」





・・・などを明確にすることが挙げられますので、
これらを前日に行うことはなかなか難しいのですよ。










と、なりますとせいぜい一週間前
つまり本日です。





会社勤めの人は月曜日から金曜日まで会社に時間を拘束される為、
すき間時間をコツコツと使うしかありません。

ただ、この模擬試験の復習に掛ける時間は5分、10分位では終わりませんので、
やっぱり平日の20時~24時くらいを使いたいんですよね。





とまぁ、独自の模擬試験活用法は別途お話しするとしまして、
本番一週間前では、やはりラストスパートということで、
ガツガツ問題を解いていきたいですね。





お薦めの模擬試験は当然これ。







今更ですけどね。
そして殆どの人が手を付けているので、もはや新鮮さはないかもしれません。
が、TOEIC900点を取る為には避けては通れない教材です。






Vol. 3,4,5 当たりの問題を 3回解いても満点取れないようでしたら、
本番では900点取るのは難しいと思いますよ。





尚、「そもそも模試の為に2時間を確保するのが難しい!」と言う人は、
日常的に使用している学習教材をそのまま使うのが宜しいかと思います。




年に3回しか受験出来ない英検ならまだしも、
TOEICは年間10回も受けれるんです。
だったらその利点を使わない手は無いですよね。





多少コンディションが悪かったり、勉強した成果が頭に入っていなくとも、
受験することで多くのことを得ることが出来ますので、
どんどん受けちゃいましょう。






まぁ、これは逆に緊張感ですとか目標達成までのプロセスだとかを
失くしてしまう弊害もあると考えられるんですけどね・・・。










・・・と言うことで、

「一週間前に何をしたらいいか分からない!」と思ったとしても、

「実はその次のTOEICの五週間前でもある」ということを認識し、

あまり考え込まないで下さいな。




TOEIC900点取ることが全てでは御座いませんしね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です